国 分 寺 崖 線 と 中 仙 川
( 入 間 川 )


 国分寺崖線(ハケ)の詳細については、こちら

 入間川は野川の支流で、若葉、東つつじヶ丘あたりで国分寺崖線を形成している。
 京王線と交差するあたりで中仙川と名前が変わり、甲州街道を越えてからもしばらく崖線がなだらかに続くが、やがて自然消滅する。

 野川沿いにもハケの森は残されているが、大学や施設の一部のため、一般には入れないところも多い。
 中仙川沿いのハケの森は、公園として保全されているところも多く、雑木林の中を歩けるようになっている。
 京王線南から成城下あたりまで点々とそうした緑地保全地域が続く。武者小路実篤公園も、入間川沿いのハケの中腹にある。

撮影年:2008年6月

中仙川(入間川) − 下流から上流へ


野川合流点


 左がハケ(国分寺崖線)の森


調布若葉町の緑地保全地域





同上 ハケの森





NTT中央研修センター脇 ハケ上から川方向をのぞむ









武者小路実篤公園そばの緑地保全地域









              ハケ上から 京王線付近


 線路左のハケを望む




京王線つつじヶ丘駅と仙川駅の間



中仙川 歩道の下を流れる


川沿いの畑



それぞれ奥にハケの森が見える
中仙川


ハケ上から


中央高速を越えたあたり


ハケ上の畑

 中仙川は野ヶ谷団地と都営中原四丁目団地の先で、
 中央高速を越え、左上写真の歩道の下へと続き、
 写真奥のところで消滅している。

 左の写真ではわかりにくいが、
 地形は結構な傾斜地で、
 サツマイモとサトイモを交互に植えていた。


国分寺崖線:  野川 東  西    仙川   中仙川   丸子川
北沢川と烏山川     北沢川沿いの畑

東京の里山:  町田    日野    長沼/柚木    鑓水/七国    片倉/東高尾    あきるの
日の出/青梅  高尾  桧原  上野原  秋山  奥多摩  奥秩父  丹沢



 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム