国 分 寺 崖 線 と 丸 子 川


 国分寺崖線(ハケ)の詳細については、こちら

 丸子川は仙川から分流して野川の北を流れる。国分寺崖線は、野川が多摩川と合流する二子玉川あたりから、丸子川に沿うようになる。
 多摩川園で丸子川が多摩川と合流すると、さらに分流して六郷用水となり、湧水を集めながら東へ流れる。国分寺崖線も用水に沿って続くが、やがて池上の第二京浜国道付近で消滅する。六郷用水は鎌田、大森を通って最後は東京湾に注ぐ。

 丸子川沿いにも、何箇所か公園として整備されたハケの森が残されており、雑木林の中を歩けるようになっている。

撮影年:2008年6月

丸子川 − 上流から下流へ


鎌田 野川から丸子川へ延びる用水
 遠くにハケの森が見える

このあたり、ハケは丸子川沿いに続く

丸子川 右上の道で丘を越えると、谷戸川へ出る

岡本公園内の古民家



岡本公園裏 谷戸川

静嘉堂文庫裏
 この先で谷戸川は丸子川と合流




多摩川の土手から
 遠くに見えるのがハケの森


等々力渓谷の川合流点




雙葉学園そば



国分寺崖線の遠景


田園調布付近
 遠くに上野毛自然公園のハケの森が見える



上野毛自然公園 多摩川園西
ハケの上にある

公園内には多摩川台古墳群


亀甲山古墳もこの公園内にある


丸子川と多摩川の合流点

六郷用水 − 上流から下流へ

 六郷用水は、江戸時代初期に六郷領(大田区の平地地域)の灌漑目的で、幕府代官小泉次大夫が開削した。野川沿いに次大夫公園がある。



丸子川から分流した六郷用水がさらに続く

ハケは用水に沿って続き、途中、湧水もある

六郷用水と崖線


多摩川台公園を下から見る





多摩川台公園 鵜の木西


光明寺 下丸子付近
 ハケ下に池がある


藤森神社交差点先
 川の北側に、まだまだハケは続く


崖下の家庭菜園



千鳥いこい公園
 この先の第二京浜で国分寺崖線は消滅

ハケの森の最東端 池上警察署向いあたり



第二京浜を越えたところ
 赤石畳下が六郷用水
 もうハケの森も高台も見えない


 国分寺からはるばる続いた国分寺崖線も、池上の第二京浜国道手前で終了する。

 かつての農業用水路で、その完成により農産物の収量が飛躍的に増したという六郷用水はなおも続き、蒲田、大森を通って東京湾に注ぐ。


国分寺崖線:  野川 東  西    仙川   中仙川   丸子川
北沢川と烏山川     北沢川沿いの畑

東京の里山:  町田    日野    長沼/柚木    鑓水/七国    片倉/東高尾    あきるの
日の出/青梅  高尾  桧原  上野原  秋山  奥多摩  奥秩父  丹沢



 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム