韓 国 旅 行 記 : 馬 耳 山



車窓

1980年代に比べ、道路は非常によくなった。ソウルからどこへゆくのも便利で、強行軍なら南端の町でも日帰り可能だ。かつてのバス旅行の不便さに比べ、ときの流れを感じる。このため、日本に比べ国土の小ささ、というか逆に日本の国土の南北の長さを実感した。バス旅行は時刻表を参考に組みたてることができるが、その時刻表も日本に比べ全然薄い(時刻表は韓国書籍専門店で日本でも入手可能)。


車窓

馬耳山へは慶州→大邱、大邱→全州、全州→鎮安、鎮安→馬耳山、とバスを乗り継いだ。20年前と違い、チマチョゴリ、パジチョゴリ姿のおじいさん、お婆さんはもうほとんど見かけない。バスの中は静かで、バスの中で会話が始まることもない。基本的に皆寝ている。携帯の普及率はかなりのもので、バスの中でもおばさんが話し、若い子はメールを打っている。


牛

牛も藁葺き屋根の農家も見かけなくなった。知人らは「40年前までですよ。今はない」と言うが、15年前までは結構見かけた。この写真は今回の旅行で、大邱−全州間にて。


馬耳山

馬耳山
馬耳山は南部駐車場から行ったほうが坂がゆるやかで登りやすい。ただこちらへ行くバスの本数は少なく、1日5本くらいだったように思う。逆の北側の駐車場のほうがバスの本数が多いので、帰りはこちらにしたほうがいいかもしれない。
南部駐車場にも北の駐車場にも、大型観光バスが何台も連なり、マイカーも多く日本の観光地と同じ雰囲気だ。バスで来る人は少ないようで、がらがらなのも同じ。ほとんど地元の人の乗降に利用されているのみ、という感じだった(馬耳山へ行ったのは日曜だったのだが)。
南部駐車場への道沿いに、ミンパクと書かれた民宿の看板をよく見かけた。こういうところに泊まるのも面白そうだ。バスを降りて駐車場から塔寺への道沿いにも桜並木が植わっていた。開花はまだ。
(駐車場まで来てしまうと、馬耳山全体をきれいに撮れるスポットがないようだ。鎮安からのバスの途中でよく見えるところがあったが)


塔寺

塔寺
ここで石を積むと結婚できる、と慶州の知人が言っていた。塔寺周辺は景観を保護しており、石積禁止のようだが、下の平場に石積するところがあった。北側へ抜け、馬耳山→鎮安、鎮安→全州、全州→ソウルと乗り継いだ。朝7時慶州発、夜9時半ソウル着で可能な日帰の旅程。鎮安−全州間や、全州−ソウル間は混んでいてどれも満席だが、次々出る。韓国の国内旅行は電車よりもバスのほうが便利な感じだ。


バスの中は結構若い子が多かった。そして彼らは日本の若者と同じ。
鎮安−全州間では、荷物を横の座席に置いたまま、混んできてもどけようとしない二人組の若者がいた。しかしちょろちょろ他の乗客の様子を見ており、どこまで許容されるか測っている感じ。立つ人が4、5人に達したところでついに荷物をどけた。

全州からのバスで、お婆さんが隣に座った若者に話しかけた。しかし彼は黙っている。「あんたイルボンサラムか?」とハルモニ、その後もしぶとく語り続け、若者がやっと一言韓国語で何か言う。さかんに話しかけるお婆さんに対し、2、3回に一度の割で面倒臭そうに答える。休憩所で休んだあと、再びお婆さんが話しかけると、彼はいきなり自分が食べていたトストゥをちぎって、ハルモニに差し出した。お婆さんは「アーニョ」と言って顔をしかめ、そむけた。うるさい婆さんよけの高級テクニックかと思ったが、その後の様子を見てそういうわけでもなく、対人関係が下手でこうした唐突な行動に出た気がした。しばらくしてまたお婆さんが話しかけはじめ、男の子は一言、二言、ついに文章で話すようになった。いったん文章で語り出すと逆に饒舌で、何か身の上話を語るような熱心さでひたすら話し続けた。お婆さんは聞き役に徹していた。これで彼の心は解きほぐれたのだろうか?やがてソウルにバスが近づくと、若者は再び寡黙になり、神経質そうに髪の毛をいじり始めた。ハルモニもそれ以上無理に話し掛けようとはしなかった。

汝矣島のオフィス街では、ビルの前で奇声を発しつつラジオ体操のようなまねをする中学か高校生くらいの男子がいた。もちろんまともな若者がほとんどだろうが、いわゆる”途上国”へ行くと決してみかけない(1980年代の韓国でも見かけなかった、そして今の日本では見かける)タイプの若者が現在の韓国にも存在することは確かだ。


このページは2002年春の韓国旅行に関するページです

ソウル編1    ソウル編2    慶州    韓国のモギョクタン(銭湯記)    慶州銭湯マップ
1980年代の韓国旅行記    ラジオ韓国KBS訪問記


 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム