目    次
  i-モード
旅  行  記
  モンゴル   写真  (1995)
  チベット   写真  (1996)
  ラダック    写真  (1997)
  東北インド(1997)
  ミャンマー (2000)
  1980年代の中国
  1980年代の台湾
  1980年代の韓国
  北京  (1999)  胡同  (1999)
  台湾  (2000)
  韓国  (2002)
  シッキム 写真  (2005)
  ハワイ  (2006)
  タイ  (2008)
  クルーズ  (2009)
  台湾  (2009,2010)
  東地中海  (2014)
  ヨセミテ/グランドキャニオン
  イエローストーン(2015)
  ボストン/ハイアニス  (2016)
  ドイツ  (2016)
   徒歩旅行
  東海道  (1997-2001)
  四国へんろ  (2002-04)
  富士山登山  (2005,12)
  奥の細道  (2003-13)
    国 内
  木藤古 / 恐山小川原湖
  岩手・端神(1995) / 端神(2000)
  山形上ノ山 / 福島昭和村
  山武の陸田 / 高知椿山
  椎葉村(2001) / 銀鏡神楽(2007)
  木地屋の里  (2007)
  家船の島  (2011)
  平取/ジャッカドフニ
  神田の稲荷神社
  国分寺崖線
  世田谷の小河川
    
  八丈島 / 小笠原
  篠島・日間賀島 / 瀬戸内
  長島 / 五島列島
  奄美大島 / 加計呂麻島
  沖永良部島 / 与論島
  沖縄 / 大東島
  渡名喜島 / 久高島
    銭 湯 め ぐ り
  東京  (荏の花温泉/梅の湯/月島/豊川浴泉/辰巳天然温泉)
  高千穂湯(奄美大島)
  北京の銭湯
  韓国のモギョクタン
  慶州銭湯マップ  ほか
農    業
    雑 穀 栽 培
東京編(鳥対策)(2011-13)
  茨城編(栽培方法)(1998-2008)
  群馬編  (1996)
   栃木編  (1997)
  粟栽培カレンダー
  黍栽培カレンダー
  稗栽培カレンダー
  月次作業一覧表
  作業日誌(1996-2010)
  雑穀写真
    野   菜 その他
  野菜(茨城)
  里芋
  綿
    衣服の自給
  織り
    就農者  訪問
  独立学園 / 栃木
  長野棚田
  八ヶ岳中央農業実践大学校
  赤目塾 / 丹波の山猿塾
  宮崎綾町 / 大分
  五島列島
  与論果樹栽培
  就農をやめる  ほか
山  関  係
  林業
  東京の里山(写真) It's new
  八ヶ岳縦走
  南アルプス
  北アルプス
  中央アルプス
戦 争 関 連
   戦  跡
  東北インド/インパール/コヒマ
  ミャンマー
  小笠原
  真珠湾  ほか
   聞 き 書 き
  戦争体験
  台湾人の戦争体験
  戦時中の記録
  戦時中の日記(作成中)
  戦前/戦時中の時事評論
    (作成中)
雑   記   帳
    ボランティア日記
  マザーテレサの施設にて
        (1987-1988)
  震災ボランティア日記 (1995)
    インタビュー記録
  日本語学校経営苦労話
  識字教室の話
  朝鮮学校・中華学校訪問
  障害児教育に関わる
  ある老ジャーナリスト  ほか
    雑  記(活東庵ログ)
  時事
  中国/韓国関連
  地方・歴史・農業
  映画/読書感想
  パソコン関連
  その他
     創    作
  堀作りを手伝った河童たち
  菅井新聞店すい星発表  未完
  カルカッタの少年すい星発表
  端神2000すい星発表  ほか
音  楽  館
  中国・北京放送/平壤放送
  (1970年代ラジオより)
  韓国(KBS)
  韓国オリニシガン(KBS)
  ミャンマーのアイドル
  台湾 (江玲)
リ ン ク 
      リ ン ク 集
現在、IE8、IE9、Firefox10にて表示確認済み

 Mail us: kuton*csc.jp
  (*→@に変更)


読物館

since: 2001/09/20
最終更新日:2018/7/17

写真館 音楽館

What's New


★ 旅行記

  工事中


★ 山シリーズ

 東 京 里 山 2017−18編  こちら




活東庵雑記帳   (活東はカエルの意)      (2018.7.17)


久々の更新

 しばらく更新を怠っていたら(個人的事情もあり休止していた。別に内容にクレームがあってやめたとかではないのでご安心を)、山歩きや旅行の写真もたまってしまった。たまると億劫になり、やる気がなくなるの悪循環。更に引っ掛かったmicroSDを毛抜きで引っ張り出そうとしたら、傷つけたようで写真データを失い、またまたがっくりきてしまった。

 ちょうど怪我したりで時間ができたので、ようやく山行記録整理などを始めた。とりあえず、多摩丘陵界隈を歩いた記録をまとめたので、アップした(上の”What's New”にリンクあり)。
 里山2017編にも書いたが、多摩ニュータウン開発史を知ると、いろいろ見方が変わる。最近出た『ニュータウンの社会史』金子淳著 青弓社に詳しいので、興味のある方は一読をお勧めする。また最近亡くなった高畑勲監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」もニュータウン開発にまつわる話なので、未見の方はお勧め。


外国人の国保利用問題

 最近、週刊現代の特集記事で、外国人(特に中国人)が日本の国民健康保険制度にただ乗りしているのではないか、という問題が知れわたるようになった。
 ただ、この問題は、以前から気にして問題視している人たちがいた。もう20年以上前、筑波学園都市の研究所で事務をやっていた知人から
「なんかさあ、筑波には留学生が多いんだけど、みんな国保に入れるんだよね。前年の所得換算だから保険料払わずに入れるんだよ。そして途上国の人にとっては、日本だといい治療受けられるじゃない。本国で治せなかったんだか高くて治していなかったんだか、日本にくるとすぐ結核とか治療するんだよね。国保だから3割でしょ。でも国費留学生で1年の人も多いから、税金払ってないしその後日本で働いて税金納めるわけでもなくて、1年で帰るわけだよね。あれ、てどうなんだろう、てすごく疑問に感じる。あたし達の保険料が使われているんだよ。どう思う?」と聞かれたことがあった。
 そのときは、よくわからず、不法滞在するタイプの人たちでもなさそうだし(当時はそちらのが問題だった)、筑波にくるような国費留学生ならその国のエリートだろうし人数もそう多くないだろうから、まあいいんじゃない?という気がしたので、そう言った。その頃は日本もまだ余裕があったし。つくば市在住の彼女は、納得しないようすだった。

 この問題は、じつは以前からあったのだと思う。最初はまともな留学生の間だけで大目に見られていたか見過ごされてきたかだったのが、業者が入って大々的に行われるようになったので、顕在化してきた。
 こうなってくると、日本国民で保険料が払えないから国保に入れない人たちがいるのに、留学生なら払わないでも入れるのは何で?という話になってくる。不公平感がある。まず国民のための制度だよね、外国人留学生を増やしたい、そのために保険もいるというなら、別口で作れば、という話になる。
 世の中、制度にただ乗りする人たちが増え、不公平感が出てくると社会が崩壊するので、これは解決したほうがよい。

 ところで、中国国内では医療費が高い。一方、南太平洋諸国のように、中国の戦略を兼ねた支援により、中国のお金でその国の人たちの医療費がただになっている国がある。これも正直、どうなんだろうと思う。中国人の医療費が高く、人口は(中国人より)はるかに少ない小国とはいえ、医療費が中国の支援(お金=税金だか吸い上げられたお金)で無料になっている。
 普通の国だったら、NGOやマスコミが大騒ぎして、外国人よりまず同国人をなんとかすべきだろう、と問題視するところだが、例によって一党支配で異論を許さない状態だからそれはない。批判はないし、みな知らない。他国の制度のフリーライダーになるより、まず自国の制度をなんとかすべきでは、と思う。


二重国籍、移民について

 以前、議員の二重国籍が問題になったことがある。認めている国もある、批判は心が狭いというリベラル、防衛上問題がある、国の根幹に関わると認めない保守、様々な意見があった。
 ふと、カンボジア難民支援のNGOに勤めていたときのことを思い出した。ある難民Aさん一家が、もうカンボジアには戻らないだろう、と日本国籍をとった。すると、いずれ戻ってカンボジア復興に尽力するつもりのB氏が
「Aさんは変わったな。日本国籍をとったら、カンボジアのことがどこか、ひとごとになった」と嘆いていたのが印象に残った。この感じはわかる。子供も日本の学校に通い日本で生きてゆくことになる。今後自分が生きてゆく社会についての問題を解決し、良くしてゆこう、という気持ちになるのは当然だろう。Aさんにとってのそれが、カンボジアではなく日本になった。

 私は、何人だろうとこの列島で生活し、ここでの生活と社会を良くしてゆこうという意思のある人なら信頼できると考える。どこかの共和国のために、この列島を利用しようとする人なら信用できない。

 正直、やはり郷に入ったら郷に従うべきだ、と考える部分はある。よく日系人収容に対しオバマ大統領が謝罪した話が出るが、やはり交戦状態になった相手国の移民が疑われるのは当然だろうと思う。特に、当時のアンケートで、天皇を信奉すると答えた場合は、いざとなったらアメリカを裏切るかもしれない、と疑われ(怖れ)られても仕方ない気がする。
 これは、イスラム移民に関する問題にもつながる。欧米社会などで、あまりにイスラムの権利を主張する人を見ると、そこはキリスト教国なんだから、だったらイスラムの国に行けば、あるいは戻れば、と考える。いいとこどりはずるいのでは、郷に入ったならその郷の習慣を尊重すべきだし、イスラム本国では他の宗教を認めないので(キリスト教ユダヤ教はまだよいようだが、仏教は全然認められない)、自分たちが認めないのに他人には認めよと求めるのは、まったくフェアでない、と感じるからだ。

 リベラルは、差別はいけない、誰にも人権があり信教の自由があると”叱る”。あるいは、弱者がさらに弱者をたたく、と”叱る”。でも、世界的にネオ保守のような流れが強くなりつつあるのは、White trash(ゴミ白人)と呼ばれる労働者階級がトランプを選んだりするのは、そうした不公平感、本能的な怖れに対して、リベラル系がまともに正面から取りあわないためではないかと最近強く感じる。
 北朝鮮がらみの国防問題(軍隊持つか問題、核兵器持つか問題)もそうだが、リベラルは普通の人たちが持つ”恐れ”に対し、答えない。わざと見ないふりをしているのか、答えられないのか、硬直化しているのか、建前論しか述べない。
 でも、声なき弱者の声を聞こう、言い分を聞こう、という態度と同じ態度で、トランプを選ぶ人たち、フランスやドイツで台頭しつつある移民排斥系の人たち、日本で北朝鮮は怖いからなんとか手を打つべきとする人たちの言い分も聞くべきではないのか。最初から良い人差別する悪い人等と分別し、弱者が更に弱者を叩き差別している等々言って、悪判定した人たちの意見をないがしろにしていると、いずれ大変なことになる気がする。


フリーライダー

 最近読んだ『サイコパス』中野信子著がなかなか面白かった。その中に、フリーライダーという言葉が出てくる。
 先に書いた、外国人による国保ただ乗りもそうだが、最近、社会のフリーライダー、納めるべき対価・義務を払わずに制度にただ乗りする人々が問題になっている。英語があるということは、中国人だの人種民族の問題ではなく、世界的にそういう傾向がある、ということだろう。
 まあ、中国人は利にさといのでやりがちだし、人数が多いので目立つのかもしれない。同じく近年問題になっている、中国人による、東京湾の立入禁止区域に入って勝手に牡蠣を大量に採り殻を捨ててゆく行為も同様だ。
 中野氏は、フリーライダーが多くなると社会の他の構成員の間に不公平感が強まり、社会が崩壊しかねない、とする。

 ところで、『サイコパス』を見ていると、前回(といっても、もう1年半前になるが)書いた環境グループの問題児男性も、サイコパスかなあ、という気がしてくる。集団クラッシャー的な部分があるからだ。どんなにやめるよう言っても、メンバーに対し「次回社会貢献事業のため出席できないので、ビニールテープで囲ったところの竹をとっておいてください」と頼むのをやめない。怒ったおじさんメンバーらが「自分でやったらいいじゃないですか」「あの汚いテープをはずしてください、里山の景観を損ねます」と返し、MLが荒れる荒れる。一方リーダーと、技術があるため中心的メンバーの老人は、彼の政府に頼らない自力コミュニティでの暮らし論に興味を持ってしまい、肩を持つ(というか、グループ内の力のある人に取り入るのがうまい、と私は見ている)。
 そういえば以前の職場にも、話の通じない『サイコパス』っぽい人いたなあ。関わると面倒なので、避けるが一番。でもその環境グループの男性にしろ誰にしろ、ゆるいが(つまり麻原に対するほど盲目的ではないが)信奉者がいるんだよね、そこも謎。


発達障害

 30年以上知っている人が、最近突然、実は自分は発達障害だった、と言いだした。病院でも診断され、障害者手帳をもらったという。はあ?という感じだ。
 ADHDだった、というが、むしろ私なぞより、よっぽど社会常識もあったし、社会でも友達関係も学校もさまざまな活動も仕事もうまくやっているように見えたのだが。
 ここ1、2年、仕事でうまくゆかなくなり、顧客にあたる人たちからやるべき義務を果たしていない云々いろいろ言われるようになり、そこで、障害があるから、ということにした気がしてならない。彼女も顧客に障害を説明し、理解してほしいと訴えたが、顧客らから「障害に甘えている」と言われた、「だから悔しい思いをしている」と言う。
 とにかく、自分をわかってほしい、自分の障害を理解してほしい、という話ばかりなので、あなたも顧客を理解すべきだ、自分をわかってほしいばかりで、顧客の気持ちをわかろうとしたことがあるのか、と言うと、過集中といい、あることばかりに夢中になってしまうのがADHDの特徴でエジソンやスティーブ・ジョブスもそうだ、「聞いて、聞いて!」となってしまう云々始まる。とにかく電話もメールも膨大な量で長い。

 今までも生き辛さを感じてきたが、みなADHDのせいだったんだ、劣等感があったがそれもADHDのせいだったんだ、とすべて合点がいったという。でも生き辛さや劣等感なんて、定型者(発達障害系では健常者でなく定型者というらしい)でも誰でもある。そう言うと、ADHDは生まれつきの脳の障害なのに、定型者でも多少ある事なのでかえってネックになり、障害理解への足枷となっているという。
 しかしこれまで、彼女が自殺未遂を繰り返したとか、鬱に近い状態であれこれ悩んでいた、というイメージはまったくない(そういう人を何人か知っているが。彼女らのほうが余程、適応障害に近かった気がする)。食べ歩きしたり旅行したり、普通に青春してその後も働いていた。勿論、彼女のすべてを知っている訳ではないから裏では何かあるのかもしれないが、それで飲み会では平静を装って楽しみ旅行でも楽しんでいたなら、逆に余程強いのではとも思う。今までの印象と、言っていることに落差がありすぎて、どうも腑に落ちない。

 「今まで、問題なくやっていたように見えるよね。なぜここへきて急にADHDだった、という話になるのか」と聞いたところ、「はい、散々言われました、説明します」”元々は研究職をやっていた。ADHDは興味のある対象なら没頭できるのでやれた。少々コミュニケーションに難があってもやっていける。しかしある批判論文を書いたことから延長を拒否された。それで今の仕事につくことになり、自分のコミュ能力不足が露呈した”という。正義感の強さが祟った、「一般常識のある定型者なら、批判したりしない」云々言うが、それはどうかなと感じる。研究職やれるのがADHDの数少ない特長の一つ、エジソンもジョブスも誰それも、とか言いだすと、ハイ御馳走さま、じゃあ自分で研究職探してね、という気になってくる。正直、こんな人だったかなあ、と不思議な思いだ。

 仕事についてどう思うか聞かれたので、きついようだが、次のように言った。ADHDは空気を読むことが下手なので、はっきり言ってもらったほうがわかる、というので(私も同様だから望むところだ、相手の気持ちを考えずハッキリ言うのは得意だ):
「仕事に関しては、福祉で生きるなら達成レベルが低くても許してね、が通るかもしれないが、通常、仕事はクライアントからの要求に対して成果物(物やサービス)を 納期までに提出し、対価をもらう一連のやりとり。顧客が納得できない、ニーズに応えてくれないと言うなら潔く撤退して、やれる人と交代するしかない。
 みな事情をかかえている、幼子抱える人、介護する高齢両親抱える人、障碍者、子供が不登校やいじめで対応が大変な人、子供がいじめで自殺した人。子供が自殺したから納期に間に合いませんでした、介護が大変だからクオリティ低くても許してね、は通らない。そんな人の作った橋を渡りたいか、そんなパイロットの操縦する飛行機に乗りたいか。顧客の悪口言う前に、その自分の説明に費やす膨大なエネルギーを、まずは仕事に回してからにしたら」

 以来、連絡はない。でもこのことでちょっと感じたことがある。
 「人の話が聞けない、自分の話をし始めると止まらない、いつも自分のことだけで精一杯で自分の関心のあることだけに執着してしまう」のは「障害だから理解して」と言う。「空気を読めない」「相手の感情を察することができない」のも「障害だから理解して」と言う。
 同じことを、私や定型者がやると「性格が悪い」「気がきかない」「嫌な人だ」となるだろう(実際彼女自身、以前は他者のそうした態度に対して、ちょっとどうかと思う等陰で文句を言っていたことがある)。社会で通用しないことがわかるから、性格だか態度だか言葉づかいだかをちょっと変えよう、ということになる。いずれにせよ、”そのままでいい”、”あなたはあなたのままでいい”ということにはならない。
 ADHDの人がやると「障害だから理解してほしい」となるのはどうなのかな、という気が正直する。その点での学習能力がない、対応できないから、周りに理解してもらうほうを選びたい、ということなのだろうか。自分がとった言動について、「障害があるから責任をとれません」と言っているのと同じではないか。そうなってくると、もう普通に友達づきあいは難しくなってきて、○○さんを支える会的な、ボラと被支援者の関係に近くなってくる。

 とにかく、LGBTにせよ適応障害にせよ、私を理解して、私を理解して、というメッセージがマスコミでもどこでも、近年やたら多い、溢れている。古くは人種、民族、地域、難民、階級、目に見てわかりやすい身体障害や病気など。その時点ならまだ対応可能だったが、近年、どんどん被XXの立場に移行する人が増え、理解するべきとされる側の、健常者だか定型者だかが減ってゆく。これもどうなんだろう、という気がする。社会として健全でないというか・・・。
 そしておそらく、実際の状況は入れ子になっている。ある人は項目Aでは被害者(というか理解してほしい側)だが、項目Bでは加害者(というか理解するべき側)。あるいは、ある1項目では被害者でも、他の全項目では加害者かもしれない。それを項目Aの話ばかりして、それで全てが免罪符になるような言い方をするので、なんだかな、それは違うだろ、ということになる。




過去ログ  日付順:  過去ログ 2007年9月以降のみ 最新のものは一番下にあります
        項目別:  雑感 時事・戦争関連/中国・韓国/歴史・農業/読書感想/
              よもやま話etcに分類