目    次
  i-モード
旅  行  記
  モンゴル   写真  (1995)
  チベット   写真  (1996)
  ラダック    写真  (1997)
  東北インド(1997)
  ミャンマー (2000)
  1980年代の中国
  1980年代の台湾
  1980年代の韓国
  北京  (1999)  胡同  (1999)
  台湾  (2000)
  韓国  (2002)
  シッキム 写真  (2005)
  ハワイ  (2006)
  タイ  (2008)
  クルーズ  (2009)
  台湾  (2009,2010)
  東地中海  (2014)
  ヨセミテ/グランドキャニオン
  イエローストーン(2015)
  ボストン/ハイアニス  (2016) It's new
  ドイツ  (2016) It's new
   徒歩旅行
  東海道  (1997-2001)
  四国へんろ  (2002-04)
  富士山登山  (2005,12)
  奥の細道  (2003-13)
    国 内
  木藤古 / 恐山小川原湖
  岩手・端神(1995) / 端神(2000)
  山形上ノ山 / 福島昭和村
  山武の陸田 / 高知椿山
  椎葉村(2001) / 銀鏡神楽(2007)
  木地屋の里  (2007)
  家船の島  (2011)
  平取/ジャッカドフニ
  神田の稲荷神社
  国分寺崖線
  世田谷の小河川
    
  八丈島 / 小笠原
  篠島・日間賀島 / 瀬戸内
  長島 / 五島列島
  奄美大島 / 加計呂麻島
  沖永良部島 / 与論島
  沖縄 / 大東島
  渡名喜島 / 久高島
    銭 湯 め ぐ り
  東京  (荏の花温泉/梅の湯/月島/豊川浴泉/辰巳天然温泉)
  高千穂湯(奄美大島)
  北京の銭湯
  韓国のモギョクタン
  慶州銭湯マップ  ほか
農    業
    雑 穀 栽 培
東京編(鳥対策)(2011-13)
  茨城編(栽培方法)(1998-2008)
  群馬編  (1996)
   栃木編  (1997)
  粟栽培カレンダー
  黍栽培カレンダー
  稗栽培カレンダー
  月次作業一覧表
  作業日誌(1996-2010)
  雑穀写真
    野   菜 その他
  野菜(茨城)
  里芋
  綿
    衣服の自給
  織り
    就農者  訪問
  独立学園 / 栃木
  長野棚田
  八ヶ岳中央農業実践大学校
  赤目塾 / 丹波の山猿塾
  宮崎綾町 / 大分
  五島列島
  与論果樹栽培
  就農をやめる  ほか
山  関  係
  林業
  東京の里山(写真)
  八ヶ岳縦走
  南アルプス
  北アルプス
  中央アルプス It's new
戦 争 関 連
   戦  跡
  東北インド/インパール/コヒマ
  ミャンマー
  小笠原
  真珠湾  ほか
   聞 き 書 き
  戦争体験
  台湾人の戦争体験
  戦時中の記録
  戦時中の日記(作成中)
  戦前/戦時中の時事評論
    (作成中)
雑   記   帳
    ボランティア日記
  マザーテレサの施設にて
        (1987-1988)
  震災ボランティア日記 (1995)
    インタビュー記録
  日本語学校経営苦労話
  識字教室の話
  朝鮮学校・中華学校訪問
  障害児教育に関わる
  ある老ジャーナリスト  ほか
    雑  記(活東庵ログ)
  時事
  中国/韓国関連
  地方・歴史・農業
  映画/読書感想
  パソコン関連
  その他
     創    作
  堀作りを手伝った河童たち
  菅井新聞店すい星発表  未完
  カルカッタの少年すい星発表
  端神2000すい星発表  ほか
音  楽  館
  中国・北京放送/平壤放送
  (1970年代ラジオより)
  韓国(KBS)
  韓国オリニシガン(KBS)
  ミャンマーのアイドル
  台湾 (江玲)
リ ン ク 
      リ ン ク 集
現在、IE8、IE9、Firefox10にて表示確認済み

 Mail us: kuton*csc.jp
  (*→@に変更)


読物館

since: 2001/09/20
最終更新日:2016/10/31

写真館 音楽館

What's New


★ 旅行記

 ドイツ旅行 2016/4


★ 山シリーズ

 バリエーション
    丹沢  宮ヶ瀬尾根    ★すみません、ゴジラ尾根と宮ヶ瀬尾根を間違えていました。丹沢鍋嵐界隈のゴジラ尾根はこちら
    奥多摩  ヤケト尾根 巳ノ戸尾根
    奥多摩  千本ツツジ−二軒小屋尾根−タワ尾根(ウトウの頭)

 一般道
    秩父  伊豆ヶ岳 秩父高原
    奥多摩  旧青梅街道(三頭山から小菅-サカリ山-大寺山)




活東庵雑記帳   (活東はカエルの意)      (2016.10.31)


久々の更新

 諸般の事情から更新が遅れています。しばらく自粛しようかなと感じることがあったり(まあ大丈夫でしょうが)、もう一つには戦争関連その他調べたことをすぐに書くと、以前関わっていたところなどにソースをとられるのでは、という心の狭い不安もありまして・・・(今では大半が亡くなられたこと、また元関係先もさ程取材力があるわけでもないことがわかったこともあり、もうどうでもよいが)。
 そんなこんなで、今回も無難な話だけ書きます。慰安婦問題、満州関連など期待していた方、ごめんなさい。いずれ、戦争・中国その他大物についてアップします。


まずは最近の話題について

東京五輪
 既にさまざまな意見が出ているので、今更感ありますが:
 ボート、宮城でいいじゃない、と思う。そもそも復興五輪と言いつつ東京で開催というのは、”復興がダシに使われている感じ”という被災地の人のTVインタビューでの意見を、もっともだと感じさせられる。復興五輪の復興は意味が違う、という人もいるが、復興の言葉から受けるイメージはやはり被災地の復興であり、日本や首都がどうこうではない。いったん糠喜びさせておいてやはり東京で、というのもタチが悪い。先日出た土地買収その他の試算も、本当かな、組織委員会絡みのバイアス入っているんじゃないの、と勘ぐってしまう。宮城だめなら彩湖で。もともと、この騒ぎ以前から競技関係者の間で海よりも埼玉を押す声があると新聞(東京新聞だったと思う)で読んだ記憶がある。
 招致のときに明言した競技場でやるべきだ、変更はIOCに対する約束違反というなら、招致のとき明言した予算でやるべきだ、6〜7千億が3兆というのは都民に対する公約違反。3倍7倍になってもOKというのはおかしい。

 そもそも日本は世界一の財政赤字借金大国。「そのくらいの金額、日本で出せないのかね」と言ったオヤジがいたが、出せないんですよ。現実見てます?このまま後の世代に借金のツケ、回すんですか?財政再建はどうなったのでしょう。自分達は五輪その他で得た資産を海外逃避させているから、この国が将来財政破綻してもいいとでも考えているのだろうか。
 ロンドン、リオと低予算でやってきたところを、いきなり値段吊り上げるのもどうかと思う。最初に明言した予算内で抑えるべき。ボートに限らず、ボートは単なるスケープゴートに過ぎないので、その他すべての競技について元の予算に戻しやりくりすべき。建築費あがったなら作る予定の一部をカットするか既存施設のリニューアルか。”レガシー”とか(笑)、1964年東京五輪のレガシー自体、そそくさと壊しているじゃないですか。50年しかもたなかったわけだ。どうせ今回も大したレガシー作れない。どこぞのオペラ座などと違い、50年で取り壊す程度のものだ、仮設でいいくらい。
 いっそ五輪開催そのものを返上してしまえばいいと思う。ブラフでなく、本気でそう思っている。一度返上をやってみるのもいい、日本ですら負担が大きくてできないというなら、IOCも本気で五輪規模縮小その他考えるだろう。
 そもそも五輪、てそこまでのものだろうか。日本で一番気候のよい10月でなく蒸し暑くて台風シーズンの7月に開催とか。1964年当時のほうが、開催国にあった季節に開催する自由があったわけだ。今はTVスポンサー絡みで歪んでいるようでして。巨大台風直撃したら面白いのにと思う。もうやめちゃえば?そのほうがすっきりする。−(以前もここで書いたが、五輪は陸上と水泳だけのシンプルな形に戻したほうがよいと思う。団体競技はワールドカップや世界選手権で対応、競技ごとに開催地がばらけ負担も少ない。サッカーテニスゴルフのように五輪よりステータスが上の大会を各自作ればよい。それができないなら、その程度の人気のスポーツということでもうよいのでは、また世界的人気がなくても、一部で勝手に盛り上がっているクリケットや野球、ムエタイのような競技もあるわけで。)


障害者施設/病院高齢者病棟の殺傷事件
 これも既に多くの意見が出ている、今更感のある問題ですが:
 犯人も、どこかで「お前はいらない」「使えない、不要だ」と言われた経験があるのだろうと思う。社会全体にそうした雰囲気があるのは事実だ。
 ただ間違えてならないのは、そうした”いらない””使えない”発言は、特定の会社や学校にとってのもの。その人の存在自体、生きること自体を否定するものではない。どんなに”お祈りメール”が沢山来ようとも、この世に存在すること自体を否定するものではいない。気分的には、この世から自分は必要とされていない、と感じさせられるものかもしれないが。
 高度障害者や認知症高齢者寝たきり老人の生存自体について、いるいらないの判断を、1個人や国その他組織が行う筋合いはない。

 いつも不思議に思い、そして多くの人が履き違えていると思うのは、まず個々人が存在しておりその上に社会や国が乗っかっている、ということだ。その逆ではない。先に国などの組織が存在し、その後から個々人が生まれたわけではない。
 まず最初に、さまざまなヒトが生まれ存在している。才能のあるヒトないヒト障害もっているヒトさまざまな人種。古代社会では病気になったり障害があると生存確率は物理的に低かっただろうが、それだけ、積極的に(=システマチックに)殺害されていたわけでもない。まず様々なヒトが生まれ生きており様々な動物植物が存在している。ヒトはたまたま社会を営むタイプなので社会そして国が、生存メンバーの上に構築される。生存メンバーが先に存在し、社会や国は後から作られる。だから生存メンバー(個々人)の生存自体について、生存して良いいけないを国だの理想にとりつかれた人だのから、とやかく言われる筋合いはまったくない。社会の重荷、て、その”社会”自体そもそも一体なんだよ?

 そうなのだが、なぜか理想社会を目指すタイプの人は、たいがいの場合、理想社会にふさわしい構成メンバーで固めることを望むようになる。フランス革命でも(最初は貧しい人々の不満が臨界点を越え爆発したものだったのが)、やがて新政府にふさわしいシトワイヤン(市民)か否かという選別になってゆく。ふさわしくない考えの人/身分/地方は粛清=システマチックに虐殺される。中国革命も新社会にふさわしいか否か、似たような径路をたどり右よりに少し戻ったりまた左にぶれたりで粛清の嵐が何度も吹き荒れる。それはものすごく”人工的”な”社会”だ。自然でない。
 高齢者に対する、無理感もある延命治療が正しいかどうかは、また別問題だが、最低限、というか本来的に、生存に対するいるいらないを言われる筋合いはない。


いじめ
 青森のいじめ問題で感じたこと:
 彼女が遺書に書いたという「もう耐えられません。うわさを流したり、それを信じたり、いじめてきたやつら。もう二度としないでください」という言葉が、非常に印象に残った。特に「それを信じたり」という部分だ。最近、会社その他グループ内でのトラブルでも、この印象を受けるからだ。対人トラブルは以前からあったし、人の噂を流し失墜させようとするタイプの人物も昔から存在した。
 ただ最近とみに感じるのは、トラブルには関係のない回りが、トラブルの中心=当事者二人のうち力関係の強いほう、より攻撃的で他人に積極的に語りかける側であるAの話をそのまま信用し、もう一方の当事者Bに直接確認することをしなくなっている点だ。以前だったら、全員とまではゆかずとも何人かは「Aさんはこう言っているけど、どうなの?」とBに直接聞く人が存在した。Aが、回りのBに対するアクセスを禁じる(破ったらその人もいじめられる)圧力をかけている場合もあるが、大半はみな疲れている、雑に生きている、自分に大過なくすごせればあとはどうでもよく生きている、だから特に確認もせず裏取りもせずBが傷つくことも考えずAの話に乗ってやりすごしている感がある。それが、どれだけBを傷つけているかに気が回らないまま(あるいはうすうす、実は感づいていても気付かないふりをしている)。
 あまり「若い人は」発言をしたくないが、十年くらい前からいじめ世代が成人し社会に入ってきているためか、以前と比べ社内やその他組織内でも”いじめ”が見られるようになった気がする。総じて、なぜか非攻撃的ないじめられ側Bに対するアクセスが遮断されるので、Bの声は大多数に対しまったく入らなくなる。一種集団ヒステリーのようになってBがはじきだされたりする。
 自分自身、こうしたことで嫌な思いをしたことがあるし、逆にふだん人の話を聞いて何気なく頷いていることに、ちゃんともう一方の当事者に対し裏取りした結果か、うわさ鵜呑みでないか、自分で考え判断した結果かどうか、自分自身気をつけねばと思った。


最近読んだ本から
『クロコダイル路地』
   皆川博子著   講談社
 フランス革命を題材にした、ただし『ベルサイユのばら』風な宮廷物語ではなく、貴族階級/新興商人/下層階級からそれぞれ何人かフューチャーし、ミステリー味も交えながら革命の裏面を描いた大河小説。
 近年の研究成果(たとえばヴァンデ戦争のようなフランス革命再評価の動き)を大きくふまえた上での革命政権のようすとそれに翻弄される個々人の人生模様に関する内容なのだが、読みながら「これは抗日戦争から国共内戦、その勝利後の人民共和国政権の話ではないか?」と感じたくらい、当時の中国と状況が相似形なのだ。そしてヴァンデの住民らが溺死刑に処されるため歩かされる場面など、日本人の満州引揚げ逃避行のようだが、よくここまで書けたな、才能ある若手作家と思われるが(てっきりそう思っていたので)この作者一体何者?と思い後ろを見ると、なんと戦前の朝鮮で生まれた80代のミステリー作家だった(ミステリーはあまり読まないので知らなかったが、その業界では重鎮らしい)。
 成る程、戦前の実体験や体験者から直接見聞きした経験をすべてぶちこんでいるのだろう、それにしてもすごい内容だ、しかも執筆時は70代後半か80代、大変なパワーだと思った。フランス革命の理解と、戦前戦後の日本中国の理解に、一読をお勧めする(かなり長いが)。

『真実 私は捏造記者ではない』  植村隆著   岩波書店
 最初は単なる弁明本かなと思い、あまり期待せずに読んだ。慰安婦問題には私も一家言あり、リベラル系のすべてに賛同するわけでもないが(九条は今でも疑問に思っている)、これを読むと本人や朝日が書いたわけでもないことが、雰囲気的にあそこならやりそうだということで(おそらくどこぞかが意図的に)批判を始め、回りもあそこならやりそうだという共通の気分の中バッシングが高まっていった経緯がよくわかる。
 そもそも当時、当事者であるこの記者の言葉が世間に伝わる経路がほとんどなかった。TV局とか腐るほどあるのに。これもいじめと同じ構図。マニュアル本でもあるのかね。恐怖や不安を煽る、批判相手の声が皆に届く機会/手段を封じる、などの共通則をよく見るので。
 さらにバッシング時急先鋒だった産経そのものが、慰安婦問題に関する現在の(日本の)視点からすると誤ったキーワードをかつて新聞に書き、問題人物の話も載せていることが明らかになる。慰安婦問題が盛り上がった1990年代当時の時代の雰囲気の中では、朝日も産経も読売も、みな同様の切り口で慰安婦問題を語っていた、記事を書いていたわけだ。
 今振り返ってみるとあの朝日叩きは一体なんだったんだろう、と思う。まさしく集団ヒステリーのようだった。文革のようだったとも言える。嵐去ってみると、やはり何かに乗せられた、煽られた感がある。今後こうしたことはますます多くなるだろう。日本だけでなく韓国も中国も、さらに世界中で。
 不可解な大騒ぎだった。ここでも何度か書いたが、以前(1990年代)ある女優に対する意味不明なバッシングが女性週刊誌やTVでなされたことがあったことを思い出す(別に不倫したとか麻薬所持とかでもない)。会社の同僚オバサンたちは、「同じことをしても良く言われる○泉○子のような人もいればX木X江のようにバッシングされる人もいるわね。なぜかしら?」「人徳があるかないかじゃない?」という意味不明な理由でみなが納得していたのを聞き、”人徳”てなんだよ、気色悪いなと感じたことがある。あれもイミフな騒動だったが、今でもなんだったんだろう、ライバル女優を持つ事務所が仕掛けた追い落としだったのか(それならまだ理解できる)、それですらなかったなら不気味だなあと思う。そもそもこの女優叩きを、今でも覚えている人がどれくらいいるだろう。
 大騒ぎして叩いたほうは少したてばケロリと忘れるが、集団で叩かれた側の傷は深い。いろいろ見聞きし考えていると、だんだん世の中に対して人間に対してシニカル、あきらめ、厭世モードに入ってしまう。よくないのだろうが、私も年取ったということだろうか。


ある環境グループにて

 数年前から参加している、とある環境関連グループで、昨年から参加し始めた人物が他メンバーをざわつかせるようになった。他メンバーに相談なく(=勝手に)フィールドに講師を呼び環境問題を講義するイベントを開催しようとしたり、ある山の素材を使いたいので取っておいてくれとメンバーに頼んだり。自分でも活動拠点と構成員(緩いつながりだが)を持つ人なので、自分の構成員にフィールドの一部をまた貸ししたり、何人かフィールドに呼び山の素材を持ち帰ったり。一つ一つやっていることは犯罪でも迷惑行為でもないが、もやもやとした不満を持つ人も多く、リーダーも何度かメールで、ある行為は断ったり説明を求めたりした。一度みなで直接本人に意図を確認する集まりも開かれた。(それまで、こうした集まりが開かれたことは一度もない))
 社会貢献事業を行っていることを理由に、活動に参加できないから山素材のとりおきを頼んでいたので、自分は環境的に正しいことをやっているという自負、SNSでは政権批判や政治発言も多いので、今の政府や社会のあり方に対するアンチテーゼ提供の場と方法を示しているという自負が強い人なのだろう。だから、環境に関心のある人たちなら、自分のそうした活動を当然支えてくれるはず、という思い込みも感じられる。

 私がこの人物A氏に疑念を抱いたきっかけは、A氏の構成員B氏から、勝手にフィールドでイベント事件について「彼は別の環境グループでもそれをやって問題になった。彼にはそういうところがあるから、彼の主催するイベントには参加しないようにしている。作業だけ参加してやり方見るだけ」と聞いたことだった。決定的だったのは、A氏は作業参加者用に”秘密の連絡網”(本人がそう言った)であるSNSグループを立ち上げているのだが(注:私はA氏絡みのフィールドを手伝うことになったので参加を求められた。環境グループのMLに流せばいいのにと思い、そう言ったのだが自分の構成員にも流したいのでということだった。当初環境グループ側はこのSNSの存在を知らなかった)、そこに新規参加者が書いた自己紹介文に対し「へ?それだけ?なら(連絡網から)アカウント削除しますよ」と書いたことだ。新規参加者は「舌足らずですみません」と新たに自己紹介文を書き直したが、最初の紹介文のどこが悪いか私にはわからなかったので、これはA氏の機嫌損ねたら終わりグループだな、自分の王国作って狭い閉じた空間の中で君臨するタイプだと感じた。
 その他大嘘はないが細かい嘘が多い、A氏自身が理想とする”環境像”のなにげな押し付け、”コミュニティのためどれだけ自己労働を無償奉仕できるか”という発想、今の段階では問題は何もおきていないが、なんとなくヤバイのではという気がした。

 ただ、なんとなくいけすかない、という理由で排除するのは、それはそれで”いじめ”と同じ行為になってしまい、難しい。何が問題なのか言語化できないといけない。
 A氏とグループメンバーの間の齟齬の原因の一つとして、自分なりに考えたことに、環境系団体のうち林業絡み分野は理系の人が多いということがある。いくつか関わってきたが、どこもリーダーはみな理系の人だった(東工大・東京理科大卒とか工学系、林産科出身など)。”理想の環境”を語るときも、純粋に生物学林学的な話になる。暗い森がいいとか明るい森がいいとか、老木も切るか逆に直系4cm以上の木は切るなとか(フィールドにより水源林だったり里山だったりするので、求められるものも変わる)。一方、農業絡みの環境系団体は文系の人が多く、”理想の環境”というと”お金を使わない生き方をしよう”、”子供たちに安心して食べられる食べ物を”、”政府に頼らず昔の村のようなコミュニティーで自給自足で助け合って生きてゆく方法を取り戻そう”など、どうしても”生き方””生活の仕方”論の話になる。A氏はもともと農業系活動を行ってきた人で考え方もまさしく”お金を使わない生き方””政府に頼らない自立したコミュニティ”。それが生き方論には興味のない林業絡み系に来たので、まずそこが、大多数の人が感じる違和感の原因なのではないかと考えた。
 たとえば森・野・畑のものを使って何か作る場合、他のメンバーがやれば単純に好きでやっている、それだけだ。そこに他者への働きかけはない。同じことをA氏が行うと”なんでも買ってすませる消費社会に自分を預けるな、自力で作れるんだよ”さらに”皆さんも自分でやってみませんか?”というメッセージ性を感じる。そこが”ざわつき”の原因と思うので、その話を話合いでしたところ、A氏もはっきりメッセージ性をもってやっていると明言した。私はここはA氏の信条に賛同して集まったA氏の構成員らと違い、このフィールド活動に集まっているメンバーなのだから、ここでは作業と思想を分けてやってもらえないか、と言った。そしてさらに、自分もそうした農業系環境団体をいくつも見ているので、それらは思想がまず先にあり、思想の実現手段として農業(作業)をやっているようなところがあるので、そしてA氏もおそらくそうなので、「作業と思想を分ける」という発想自体、そもそもないし、できないだろうと予想もするが、とも言った。
 個人的には、人の頭の中や生き方、生活態度にまで口を出す農業系環境グループのような考え方は、もうおなかいっぱい、というのがある。

 これらをふまえ、それなりに言語化してA氏らに話しても、A氏自身にも、周りの人で鈍いタイプにも通じなかったりする(まあ私も、文章化すると冷静に書けるが、喋ると感情的になる面があるので、相手に伝わりにくいかもしれない)。またこの手の人物は口がうまく、グループ内で力のある人人気のある人を動物嗅覚で嗅ぎ分け取り入り味方につけるのもうまい。A氏が環境グループに溶け込みメンバーの一員として問題のない存在になってゆくのか、(おそらくリーダー交代をきっかけに)このフィールドを”理想の環境”実現の場にしようと活動を活発化し、それについてゆけないメンバーらが辞めてゆきA氏の取り巻きが残る結果になるのか、興味がある。
 蛇足だが、不思議なのは、リーダーその他がある件について説明を求めても、それに対するA氏のメールもしくは口頭での回答が、その件にピンポイントで答える内容になっていないことだ(他の人も「リーダーの問いに対する答えに全然なっていないな、と思った」と言っていたので私だけの印象ではない)。「釈明させてください」「舌足らずですみません」と言いつつ全然別の話をする。結局問いに対する答えはない。意図的なのか一種アスペルガーなのか、このへんもどんなに話会いの場を設けてももやもやとした隔靴掻痒感、消化不良感が残る理由だ。これも、この手の人物の特徴かもしれない。

 ところで”舌足らずですみません”て何?SNS用語かね。舌足らずどころか膨大な文字数の回答メール、でも回答にはなっていない。



さいごに、中国がらみで2点

やった側は忘れるがやられた側は覚えている
 よく中国と関係ある人(いわゆる親中派)と話していると、「やった側はすぐに忘れるが、やられた側は忘れない、覚えている」と言う。日中戦争絡みでそう言うのだが、それなら文革で虐殺された人(や民族)大躍進で大量死した人反右派闘争で殺された人も大勢いるわけで、その人たちの遺族関係者はどうなのだろうと思う。彼らが日中戦争に対するのと同様のエネルギーで現政権に謝罪や補償を求めたりしている話はなかなか聞こえてこない。ということは、やられたことを忘れるケースもあるということか。特に相手が高圧的で反論異論を封じている場合。
 実は文革関係者で、政府に問題を指摘し要求している人たちもいる。ごくわずかだが(ソースNYtimes)。あるいは、自分たちは捨石になってもいい、という覚悟で、締め付けの強まる中国社会で共産党以外の政党から立候補する人たちも存在する(朝日)。すごい人たちだ、自分にはとてもできないと感じ入る一方、無理してほしくない、命まで賭けることない、とも思う。
 台湾や香港のXX運動の若者たちもそうだ。中国や中国人を批判する人は今の日本に多いし、気分はわかるが、中国にもさまざまな人がいる。

血であがなわれた兄弟
 ある人物に聞いた話(むしろ親中派、要人に会える立場)。「朝鮮戦争当時、中国の軍隊は朝鮮で相当いろいろやっている。いま朝鮮は黙っているけどね」「そうした連中をそのまま故郷に返すわけにはいかない」「そこで約半分、50万ほど新疆(ウイグル自治区)へ送った」「そうするとどうしても女の問題が出てくる。新生中国に売春婦がいるかいないか(庵主注:改革解放が始まるまで、公式には中国には売春婦がいないことになっていた。現在は当然いる)、そうした連中を集めて新疆に送った」
 以前にもここに書いたが(戦争は悲惨というがその2の「1.たとえば兵隊は使い捨てだった」の項参照)、韓国軍将軍の朝鮮戦争体験談の中に「陣地の前に地雷原と鉄条網を準備、迫撃砲や機関銃でカバーして中国軍を待ち受ける。ここまで固めればまさか正面からは突っ込むまいと思っていると、夜中にチャルメラや銅鑼を鳴らしガヤガヤ攻めてくる。どうしてわざわざ敵に知らせるようなことをするのかわからない、しかも障害処理をせず突撃してくる。「これは好餌」と猛射しても一切無頓着。中国兵は次々倒れるがこれで地雷原が無力化され鉄条網は死体の山で覆われ通路ができてしまう。最初は決死覚悟の断固たる攻撃に圧倒されたが、やがて彼らは硬直した組織で第一線の声がまったく反映されない、決死突撃も自発的はものではなく背後に督戦隊の銃口があるので兵士は前に進むしかない、とわかった」という部分がある。
 これを読んだとき、「こういう扱いを受けた兵士は確実に荒れただろうな」と感じた。ベトナム戦争当時、生きて帰ってこられるかわからない沖縄のアメリカ兵にも似たようなところがあったと聞くが、当然最期だから女も要求しただろうし、おいしいもの酒持って来い、誰のために命かけて戦ってるんだ、という気分になっただろう。その用意は確実に朝鮮側によってなされていたに違いない。
 あるいは満州から北朝鮮経由で引き揚げた日本人、北朝鮮にもとから住んでいた日本人の引揚げ手記に、ソ連軍が進駐したあと、ときどき北朝鮮女性も襲われた話が出てくる。ある地方では、ソ連軍が村に近づくとサイレンが鳴った、表向きは歓迎のサイレンということになっていたが、実際は女と金目の物を隠せという合図だったという話もある。これを読んだとき、沖縄と同じだな、と思った。沖縄の収容所(沖縄戦終結後、地元住民は”収容所”に収容され食糧が配布されていた)で、ときどき米兵による”ムスメ狩り”が行われた、米兵が近づくと焼夷弾を使って作った鐘を鳴らして女性らに逃げろと合図していたという。
 進駐軍のやることは右も左も同じだ。中国もソ連も北朝鮮の政権に倒れられたら困る、政権も倒れたくない。その陰で犠牲になる人がいる。”国家”のために。





過去ログ  日付順:  過去ログ 2007年9月以降のみ 最新のものは一番下にあります
        項目別:  雑感 時事・戦争関連/中国・韓国/歴史・農業/読書感想/
              よもやま話etcに分類