目    次
  i-モード
旅  行  記
  モンゴル   写真  (1995)
  チベット   写真  (1996)
  ラダック    写真  (1997)
  東北インド(1997)
  ミャンマー (2000)
  1980年代の中国
  1980年代の台湾
  1980年代の韓国
  北京  (1999)  胡同  (1999)
  台湾  (2000)
  韓国  (2002)
  シッキム 写真  (2005)
  ハワイ  (2006)
  タイ  (2008)
  クルーズ  (2009)
  台湾  (2009,2010)
  東地中海  (2014)
  ヨセミテ/グランドキャニオン
  イエローストーン(2015)
  ボストン/ハイアニス  (2016) It's new
  ドイツ  (2016)
   徒歩旅行
  東海道  (1997-2001)
  四国へんろ  (2002-04)
  富士山登山  (2005,12)
  奥の細道  (2003-13)
    国 内
  木藤古 / 恐山小川原湖
  岩手・端神(1995) / 端神(2000)
  山形上ノ山 / 福島昭和村
  山武の陸田 / 高知椿山
  椎葉村(2001) / 銀鏡神楽(2007)
  木地屋の里  (2007)
  家船の島  (2011)
  平取/ジャッカドフニ
  神田の稲荷神社
  国分寺崖線
  世田谷の小河川
    
  八丈島 / 小笠原
  篠島・日間賀島 / 瀬戸内
  長島 / 五島列島
  奄美大島 / 加計呂麻島
  沖永良部島 / 与論島
  沖縄 / 大東島
  渡名喜島 / 久高島
    銭 湯 め ぐ り
  東京  (荏の花温泉/梅の湯/月島/豊川浴泉/辰巳天然温泉)
  高千穂湯(奄美大島)
  北京の銭湯
  韓国のモギョクタン
  慶州銭湯マップ  ほか
農    業
    雑 穀 栽 培
東京編(鳥対策)(2011-13)
  茨城編(栽培方法)(1998-2008)
  群馬編  (1996)
   栃木編  (1997)
  粟栽培カレンダー
  黍栽培カレンダー
  稗栽培カレンダー
  月次作業一覧表
  作業日誌(1996-2010)
  雑穀写真
    野   菜 その他
  野菜(茨城)
  里芋
  綿
    衣服の自給
  織り
    就農者  訪問
  独立学園 / 栃木
  長野棚田
  八ヶ岳中央農業実践大学校
  赤目塾 / 丹波の山猿塾
  宮崎綾町 / 大分
  五島列島
  与論果樹栽培
  就農をやめる  ほか
山  関  係
  林業
  東京の里山(写真)
  八ヶ岳縦走
  南アルプス
  北アルプス It's new
  中央アルプス
戦 争 関 連
   戦  跡
  東北インド/インパール/コヒマ
  ミャンマー
  小笠原
  真珠湾  ほか
   聞 き 書 き
  戦争体験
  台湾人の戦争体験
  戦時中の記録
  戦時中の日記(作成中)
  戦前/戦時中の時事評論
    (作成中)
雑   記   帳
    ボランティア日記
  マザーテレサの施設にて
        (1987-1988)
  震災ボランティア日記 (1995)
    インタビュー記録
  日本語学校経営苦労話
  識字教室の話
  朝鮮学校・中華学校訪問
  障害児教育に関わる
  ある老ジャーナリスト  ほか
    雑  記(活東庵ログ)
  時事
  中国/韓国関連
  地方・歴史・農業
  映画/読書感想
  パソコン関連
  その他
     創    作
  堀作りを手伝った河童たち
  菅井新聞店すい星発表  未完
  カルカッタの少年すい星発表
  端神2000すい星発表  ほか
音  楽  館
  中国・北京放送/平壤放送
  (1970年代ラジオより)
  韓国(KBS)
  韓国オリニシガン(KBS)
  ミャンマーのアイドル
  台湾 (江玲)
リ ン ク 
      リ ン ク 集
現在、IE8、IE9、Firefox10にて表示確認済み

 Mail us: kuton*csc.jp
  (*→@に変更)


読物館

since: 2001/09/20
最終更新日:2017/6/17

写真館 音楽館

What's New


★ 旅行記

 ドイツ旅行 2016/4


★ 山シリーズ

 北アルプス     2016年夏
    合戦尾根−常念岳−蝶ヶ岳−大滝山−徳本峠−新島々
    立山−薬師沢−雲ノ平−高天原−黒部五郎岳肩−神岡新道−飛越新道
    笠ヶ岳−西穂−ジャンダルム−奥穂−吊尾根−上高地

 一般道
    秩父  伊豆ヶ岳 秩父高原
    奥多摩  旧青梅街道(三頭山から小菅-サカリ山-大寺山)




活東庵雑記帳   (活東はカエルの意)      (2017.6.17)


足の怪我で見えたこと−続弱者の横着

 まずはどうでもいい話から。
 先日、ハイキングで膝を縫う怪我をした。大キレットやジャンダルムでは大丈夫だったのに、子供や年寄りも歩くようなコースでなんでよ、と思うが、まあ、走っていたんですね。別に急いでいたわけでもないですが、下りだったし。そうしたら何かに躓いて、ポーンと飛んだ。下り斜面だったので勢いよく飛び、登山道に着地したが膝を打ってしまった。
 まあそれはともかく、膝を縫ったので、数日あまり曲げないで歩いていた。あきらかに足の悪い歩き方をしているわけだが、そうすると対面から来る男性は、道の中心側に大きくよけてすれ違う。女性はなぜか、道の一番端を歩くのは自分だ、と決めている感じの人が多い。こちらも道の端寄りを歩いているが、その更に内側をすりぬけようとする人が結構いる。この習性は以前から感じていたが、建物と人の間の狭い空間を無理に通ることになるので、足が悪いと非常に怖い。元気なら多少ぶつかっても大丈夫だが、足が悪いとバランス崩しやすい。というか、相手が足が悪そうだからよけよう、という感覚がそもそもないのも疑問。
 でも、まあ考えてみれば、自分も結構やっていたかもしれない。そしてそれは、足の弱い年寄りにとっては怖いことだったのではないか、とわかった。以来、やらないようにしている。内側通るかどうか、なんてどうでもいいことだし(なかには自転車なのに歩行者よりも最内側通ろうとする人もいるんだよねー、何考えてるんだか。自転者は車じゃん。腕や顔を日除けで隠しまくっている人に多いので、日光避けてるのかね)。

 以来、なんとなくこの手のことが気になるようになった。たとえば電車の出入り口付近で降りる人を避けている際、ぶつかったり荷物がぶつかるのはほとんど女性であることにも気づいた。別に出入り口をふさいでいるわけではなく、避けて立っている。男性は降りる際ぶつからないので、ぶつからない降り方ができる位置にいるはず。あるいは、ターミナル駅など混雑したところを歩いていて、相手の荷物がぶつかるのも大抵女性だ。
 以前ここでも”弱者の横着”と書いたことがあるが、人の前を横切る場合、男性は自他の距離とスピードから瞬時にぶつからない位置を計算して横切るのでこちらもそのまま歩いて大丈夫だ。しかし女性は近距離でいきなり曲がったり、お互いそのままのスピードで歩けば必ずぶつかる位置を平気で横切るので危ない。
 一時期、ベビーカーで駆け込もうとして電車にはさまれる事故が相次いだことがあったが、これなんかも駆け込み成功させるだけの脚力ないならやるなよ、電車も止まり迷惑だ、と思ったものだ。

 女性といっても、中高生や年配者ではなく、一番多いのがOL風の2、30代、あとオバさん世代も少々。
 降りる際やすれ違いざま、体や荷物がぶつかるのも、わざともあるだろうが男性のように完全に避けずに半端に避ける行動パターンがある(おそらく全員に対し完全に避けるだけの体力運動能力がない)、また動くとき上半身の揺れが大きい(敏捷でない)、そもそも荷物の幅を考えて行動しない。混んでいる中での日傘もそれ(しかも背が低いから、邪魔だし危険)。相手にも”避けてよ”と要求している感もある。対行者をよけきれない、横切る位置が甘い、駆け込みきれず挟まれてしまう、などは何が可能か不可能かの判断能力が弱く、それに加え相手が避けてくれる、待ってくれる、配慮してくれるという甘えがある。
 もともと運動能力や敏捷性に欠ける面があり、それを理由に横着を決め込む感じだ。怪我人子供年寄りならともかく、健常な大人がどうかと思うし、少なくとも怪我人子供年寄りなど本当の弱者に対しては完全に避けるべきだと思う。だからまあ、”半端な弱者の横着”だね。


九条と米軍

 以前、トランプ氏が選挙戦で安保ただ乗り論的なことを言い、米軍撤退を匂わせたことがあった。このとき日本は大騒ぎになったが、当時2つのことを考えた。
 そもそも戦争放棄、軍隊を持たないという思想は、戦後日本に勝ち日本に駐留した米軍が、日本人は好戦的な民族と考えおり、その好戦性をどうしたら抑えられるか、ということで軍隊を持たせないことにした、と子供の頃聞いた記憶がある。その後朝鮮戦争ですぐに軍隊(的なもの)が再編されたが。米軍主導で戦争放棄、軍隊不所持にしたのだから、ただ乗りと言われる筋合いはないなあ、とまず思った。そしてそう言うなら、また持てばいいだけだね、とも。
 また、丁度いい、遅かれ早かれ、いずれ米軍は世界から撤退してゆくだろうから、日本も早めにその準備と覚悟を定めたほうがいい、とも思った。米軍撤退が一瞬現実味を帯びたとき、九条派で内心オタオタした人は、実は米軍とセットの上で九条やってる人。米軍がいなくてもやってゆく覚悟のない、なんちゃって九条の人は、いずれ淘汰される。
 今、とりあえず米軍撤退の話は消えた。現状維持に胸をなでおろしている人も多いだろう。でもいつまでもこの状況は続かない。むしろ、本当に撤退すると言い出してくれたほうが、曖昧な理想論でなく現実問題として、誰もが国の安全、守り方、ひいては自分の子孫の安全、守り方を考え始めるので、いろいろすっきりするからいい、と考える。


共謀罪、加計問題

 共謀罪、通っちゃいましたね。これは賛成しない。
 加計問題、うやむやにしましたね。これも賛成しない。
 次の選挙で自民党落とせばいいのにと思う。こうなったのは自民党を馬鹿勝ちさせたから。
 党内で内心違うと思っても口にできない雰囲気とか、戦前か。あるいは批判している中国共産党やスターリン時代と同じ。こういう政権が続くと、真の右翼も嫌うから天誅だのなんだの”XX事件”をおびき寄せるんだろう。戦後大勢の人が”実は嫌だと思っていた”と言い出したように、アベ氏が傾けばそう言い出す人が出るんだろう。
 アベ氏はすぐ話をそらす。岩盤規制とか。違うでしょ。原発の”completely under control”もどうかと思ったが。オリンピック、今でもやってほしくないわ。東京都民だけど。なぜスポーツだけここまで優遇されるのか。今からでも返上してほしい。負担多すぎ、自浄能力ないIOCもイラネ。何かといえば”オリンピックのため”、共謀罪も、オリンピックなんてどうでもいいから。印象操作も、朝日への慰安婦問題攻撃なんかですでに自分たちもやってるよね。前川氏への攻撃も印象操作だよね。森友問題もうやむやだよね。景気回復報道もおかしいよね。そもそも、報道自体、最近恣意的だね。

 いちおう独裁国家ではなく選挙制でまつりごと行っている国だから、次の選挙で自民落とせば共謀罪潰せるかもしれない。
 でもまあ、そう大きくは落ちないでしょう。共謀罪その他どうでもいい人多いから。そしてのちのち、あれは治安維持法だったのか、ということになっても、当時共謀罪に反対の声をあげていた人たちに対して、あのとき彼らの声を聞いておけばよかった、とか、あの人たちに申し訳なかった、とは、反対しなかった人たちは思わないんだよね。あれが分岐点だった、と反省することもまずない。大抵の人は、なんとなくいつのまにかこうなっていた、天災に見舞われた感じ、という捉え方が一般的ではないかと思う。


テリトリー争い

 動物番組を見ていると、縄張り争いが多い。それぞれ縄張りがあり、その巡回を行い、越境者がいると争って追い出す。負ければテリトリーを取られる。猿など群れを作る動物は、成員ほぼ全員参加で争ったりしている。牝も参加している。武器は持たないが戦争に近い。
 動物番組では、それを当然のこととして見ている。人間も動物だから、縄張り争いも起きる。争いになるのは当然で、世界から戦争は無くならない。戦争を否定するのも、無くそうというのも不自然だ。

 むしろ戦争は存在する、発生することを出発点とし、その際、いかに非戦闘員をまきこまずに行うか行えるかという方向に考えたほうがいい。たとえば大空襲、今はピンポイント攻撃だ。でも誤爆はある。たとえばゲリラ戦、一昔前は虐げられた者の抵抗の証と英雄視されたが、ゲリラ戦をとると市民がまきこまれる。ゲリラをやれば市民も探られる。それは逆側から見れば当然で、ゲリラ方式を選べばそのリスクがついてくる。選ぶ方もそのリスクを考慮すべきで単純に英雄視するのはおかしい。

 思うに戦争によしあしはない。ただ敗戦というリスクがある。ドイツは冷戦で軍隊を必要とされたので、ドレスデンやベルリンを空襲されても、だから戦争はいけない、とはならなかった。話し合いで、とはならず今でも軍隊持つ。

 正義の戦争も存在しない。ただ大義がないと命をかけられない。だから大義を作って鼓舞する。
 戦争はいけないというが、北ベトナムの抵抗は正しいゲリラで日本の戦いはいけない戦いなのか。
 フランスの祖国防衛は理想として正しく見え、感動的。物語では女も子供も立ち上がる。感動的、だが常にそれはおかしいのだ。

 そこでまたまた戦争放棄についてだが:
 2003.4.16にここに公開した「農地解放の記憶から」(essay/zakkan1.htmlにあります)の内容を以下に採録。(一切いじっていません)

 「当然、軍備も避けて通れない話になってくるが、一つ言えるのは、たぶん日本人は自分自身を信用していない、できないのだろう、ということ。防衛目的にせよ軍隊を持つということは、どの国もやっていることで、即軍国主義と直結することでは決してないと思うが、別にリベラル、左翼系でなくてもどこか不安があるこの感じは、おそらく軍隊を持ったら、そこが暴走しはじめても、自分たちには止められないだろうと、どこか思っているからではないか。
 みな仕事には一生懸命で、家族や会社(昔は地域)など狭い社会でこつこつ生活している人たちが多く、あまり政治などには興味を持たず、いつのまにか気がついたら、そんな感じの社会になっていた、「え、あれ、て治安維持法だったの?」みたいな。そうなってから疑問を持ったり反対しても骨が折れるし、下手すると危険でもあるので、まあいいか、まわりもそんな感じで大丈夫そうだし、てな感じでどんどんいってしまう。
 「雰囲気で決める」、まわりの人たちの言動を見てそれに合わせて決めてゆくタイプの日本人には、いったん暴走しはじめた権力に対するチェック能力がないというか、抵抗力が弱い。そこが欠点だ。」(採録部分終了)

 軍隊というと、脊髄反応のように反対、と言う人の大半は、これだと思っている。軍隊そのものがどうこうよりも、コントロールできなくなることが怖いのだ。そしてその事態は起こる可能性が高い。たかがアベ政権程度で皆黙るからだ。


最近見たTVから−橋下羽鳥番組

 橋下氏と羽鳥アナウンサーの深夜番組をときどき見ている。いろいろ面白いが、3点気になった部分。
 ある女性学者(名前は忘れた)が女性と老人に徴兵制を、と言った。本気というより、自ら戦場に行かない人たちが好戦的な発言をするので、自分の問題として考えられるよう、という主旨からのものだが、老人はともかく女性はそう好戦的ではないと思う。ただ、戦前の国防婦人会や中国の町に立つ”ボランティア”のように風紀委員かよ、宗教警察かよ、という感じになる人は多い。しかも”まじめ”に遂行するからなあ。それが故の発言がお上の言うことは守りましょう→戦争に協力しましょうとなるのだ。

 北朝鮮問題について。とある元巨大掲示板製作者が、実際北朝鮮に行ったら悪い印象はなく人々はそこそこ自由な感じでこう言っていたああ言っていた云々しゃべっていた。でもねー、改革解放前(文革は終了していたが)の中国に行ったときはやはり建前が多かった。話せない部分ははぐらかしたり、筆談のメモを最後破り捨てたり。それでも院生が、彼らはこう言っているがここを見ればこうだ、ああだ、と細部からの実情の見方を示してくれたのでまだ良かった。その後の中国人の変化に、お目付け役同行の旅行、取材はよほど目利きで違和感に敏感、細部から読取る能力高い人でないと難しいなと思った。番組でも、他の出席者も話半分に聞いている感じだった。
 ところで、加計問題が大きな問題になってきた頃、北朝鮮の実験もさかんに報道されていた。特にTVであまりにさかんに報道していたので、逆に北朝鮮問題は騒ぎ過ぎではないか、と感じた。加計問題を避けるため、共謀罪を通すために。大陸間弾道ミサイルなんてロシアもアメリカも中国も持っているし実験しているはず。でもそれは問題にならない。国土広いから自国内でできるだろうし。日本にとってロシアや中国が持つのはやばくないのですか。一方、ロシアが「小国が自衛のために核を持つのは仕方ない」的なことを言って北朝鮮を擁護したので、じゃあ日本もいいですよね、小国だから(笑)。ウクライナやバルト三国、ドイツもいいですよね、小国だから。
 ただ、前回書いたとおり、二度あることは三度ある、という予感は強くする。それは北が実験しようがしまいが、ある。脅しからの予告、そして日本がXXに応えなかったからこうなったという口実のもと、世界中の目の前でそうなる日が来る気がする。原爆がそうだったから。そこへ追い込まれない状況を作らないといけないが、そのへんがものすごく下手な民族という気がする。”話し合いで”と言っている九条派の人たちにも、その能力はないだろう。言っている(他人−政府−に求める)だけで、自分たちでディベート塾だか開いている様子もないし。

 話を橋下羽鳥に戻し、憲法の回では、福島瑞穂氏に対して橋下氏が「なんでそんなに上から目線なの」と言った場面があった。そうなんだよね、その通り。九条系の人たち、て妙に上から目線なのだ。また憲法を国民投票にかけたら、という橋下氏の提案に躊躇する福島氏に、「国民を信用していないんですか」と言われていた。福島氏の議論はもう古いと感じた。それでは心に届かないし、人は動かない。
 世界が右傾化している、女性が右傾化していると最近言われる。不安になると排他的になるとも言ったりする。でもいわゆるリベラルの、こうした上から叱る感じに辟易している人も多い。貧しい白人がトランプを支持する、それは自分がうまくいっていないから、排他的で偏狭になっているんだ。では貧しい中東や南米、アジアの人、或いは先進国に移住した移民が妙な指導者に心酔したりテロ組織に入っていった場合、それは自分がうまくいっていないから排他的で偏狭になったため?それとも貧困からやむなく、差別からそれしかなかったから?その貧困や差別は社会構造がもたらしたものだから、彼らのせいではなく、彼らを叱るよりも社会を変える必要がある?
 どっちも同じじゃないの?それをこの人たちだと○、この人たちだからXとかつての思想を引きずり思考停止の自動認識で対処しているから二重基準、俺たちの声を聞いていない、とリベラルは嫌われる。


テロで考えたこと

 これだけヨーロッパでテロが頻発すると、ヨーロッパの人は怒っても当然だと思える。移民に悪感情を持ったり規制を厳しくすることがあるとしても、感情的には理解できる。むしろよく理性を保とうとしている、表面的には抑えている、と感心する。ヨーロッパの移民受け入れは、植民地化に対する贖罪(+今でも救う立場、主人意識)もあると思う。
 もともとはブリトン人やアイリッシュスコットランドウェールズ、オランダフランスドイツなどが先住民族の国々。もし今、中東に白人が移住して増えていたら、そしてそれに対し中東土着の人が怒っていたら、あるいは移民白人が差別されたとテロを起こしたら、リベラル系報道機関は批判的に書くだろう。チベットやウイグル自治区に漢民族が移住している問題や、山岳少数民族の地にアーリア系マジョリティが移住している問題同様に。

 イスラム絡みのテロに関しては、イスラム教徒の側ももっと、同じイスラム教徒に対して発言をし、議論をすべきだと思う。それは宗教的に正しいのか否かなどについて。
 移民受け入れ国や社会に対して”これでまたイスラム差別が酷くなる”とか”差別されている”と言うだけでなく、自分たちの中でも議論し、それを他のイスラム教徒でない人たちにも開示したほうがいい。世界の一員として生きてゆくなら。
 イスラム教徒が、イスラム教でない移民先社会で差別されている、というが、イスラム教社会では、多神教の仏教寺院を建てることは許されない。キリスト教とユダヤ教は同根なので寺院を建ててもよい(ざっくり言えば、違いは誰を救世主ととらえるかによる。最も古いユダヤ教はまだ来ていない、ユダヤ教から派生したキリスト教はイエス・キリストがそうだ、さらに後世派生したイスラム教はマホメットがそうだとする。ただしキリスト教のイエスは神の子、イスラム教のマホメットは預言者)。イスラム教社会では多神教徒が差別されているし、キリスト教徒ユダヤ教徒も同権なわけではない。そのへんをどう捉えているのか。
 中国人のほうがまだ、あれだけ思想統制受けていても、いろいろな人がいていろいろ考えていることがわかる。本人たちも発信しているしメディアも受け止めている。「今や共産党員であることは恥だ!」と退党を勧める文書を見たこともある(日本人と歩いていたのに中国人と間違われてもらった)。でもイスラム教徒の声は被害者サイドのものばかり、ムスリム皆があんな人でない、とかまた差別されるとかばかりで、もっと多様な声が聞こえてこない。


話し合いで

 よく暴力はよくない、”話し合いで”という人がいる。一方、言葉の暴力、パワハラ、という言葉もある。口で人を深く傷つけることもできる。言葉下手で、うまく返せない人もいる。
 口でその場では言い負かされても、でもやはり納得しない、できないことも多い。なんでも話し合いになると、それが下手な人は損する。もちろんなんでも戦争で決着なら暴力的な人が得するわけだが。
 なんでもかでも、話し合いのほうが高等で喧嘩のほうが下と判断するのもどうかと思う。軍事攻撃はやらないが食糧や燃料を渡さない、という方法も、やり方によっては長春のチャーズのように戦闘以上に残酷になる。
 運用は複数手段併用が賢い方法と思う。




過去ログ  日付順:  過去ログ 2007年9月以降のみ 最新のものは一番下にあります
        項目別:  雑感 時事・戦争関連/中国・韓国/歴史・農業/読書感想/
              よもやま話etcに分類