目    次
  i-モード
旅  行  記
  モンゴル   写真  (1995)
  チベット   写真  (1996)
  ラダック    写真  (1997)
  東北インド(1997)
  ミャンマー (2000)
  1980年代の中国
  1980年代の台湾
  1980年代の韓国
  北京  (1999)  胡同  (1999)
  台湾  (2000)
  韓国  (2002)
  シッキム 写真  (2005)
  ハワイ  (2006)
  タイ  (2008)
  クルーズ  (2009)
  台湾  (2009,2010)
  東地中海  (2014)
  ヨセミテ/グランドキャニオン
  イエローストーン(2015)
  ボストン/ハイアニス  (2016)
  ドイツ  (2016)
  キプロス/マルタ  (2017)It's new
  スイス  (2017)It's new
  イタリア/リグリア  (2018)It's new
   徒歩旅行
  東海道  (1997-2001)
  四国へんろ  (2002-04)
  富士山登山  (2005,12)
  奥の細道  (2003-13)
    国 内
  木藤古 / 恐山小川原湖
  岩手・端神(1995) / 端神(2000)
  山形上ノ山 / 福島昭和村
  山武の陸田 / 高知椿山
  椎葉村(2001) / 銀鏡神楽(2007)
  木地屋の里  (2007)
  家船の島  (2011)
  平取/ジャッカドフニ
  神田の稲荷神社
  国分寺崖線
  世田谷の小河川
  花(ひたちなか)
  宗谷本線It's new
  稚内It's new
    
  八丈島 / 小笠原
  篠島・日間賀島 / 瀬戸内
  長島 / 五島列島
  奄美大島 / 加計呂麻島
  沖永良部島 / 与論島
  沖縄 / 大東島
  渡名喜島 / 久高島
  利尻 / 礼文It's new
    銭 湯 め ぐ り
  東京  (荏の花温泉/梅の湯/月島/豊川浴泉/辰巳天然温泉)
  高千穂湯(奄美大島)
  北京の銭湯
  韓国のモギョクタン
  慶州銭湯マップ  ほか
農    業
    雑 穀 栽 培
東京編(鳥対策)(2011-13)
  茨城編(栽培方法)(1998-2008)
  群馬編  (1996)
   栃木編  (1997)
  粟栽培カレンダー
  黍栽培カレンダー
  稗栽培カレンダー
  月次作業一覧表
  作業日誌(1996-2010)
  雑穀写真
    野   菜 その他
  野菜(茨城)
  里芋
  綿
    衣服の自給
  織り
    就農者  訪問
  独立学園 / 栃木
  長野棚田
  八ヶ岳中央農業実践大学校
  赤目塾 / 丹波の山猿塾
  宮崎綾町 / 大分
  五島列島
  与論果樹栽培
  就農をやめる  ほか
山  関  係
  林業
  東京の里山(写真) It's new
  八ヶ岳縦走
  南アルプス
  北アルプス
  中央アルプス
戦 争 関 連
   戦  跡
  東北インド/インパール/コヒマ
  ミャンマー
  小笠原
  真珠湾  ほか
   聞 き 書 き
  戦争体験
  台湾人の戦争体験
  戦時中の記録
  戦時中の日記(作成中)
  戦前/戦時中の時事評論
    (作成中)
雑   記   帳
    ボランティア日記
  マザーテレサの施設にて
        (1987-1988)
  震災ボランティア日記 (1995)
    インタビュー記録
  日本語学校経営苦労話
  識字教室の話
  朝鮮学校・中華学校訪問
  障害児教育に関わる
  ある老ジャーナリスト  ほか
    雑  記(活東庵ログ)
  時事
  中国/韓国関連
  地方・歴史・農業
  映画/読書感想
  パソコン関連
  その他
     創    作
  堀作りを手伝った河童たち
  菅井新聞店すい星発表  未完
  カルカッタの少年すい星発表
  端神2000すい星発表  ほか
音  楽  館
  中国・北京放送/平壤放送
  (1970年代ラジオより)
  韓国(KBS)
  韓国オリニシガン(KBS)
  ミャンマーのアイドル
  台湾 (江玲)
リ ン ク 
      リ ン ク 集
現在、IE8、IE9、Firefox10にて表示確認済み

 Mail us: kuton*csc.jp
  (*→@に変更)


読物館

since: 2001/09/20
最終更新日:2018/10/23

写真館 音楽館

What's New


★ 旅行記

 キプロス・マルタ編 2017春     こちら
 スイス編 2017秋          こちら
 イタリア・リグリア海岸編 2018春  こちら
すべてツアーですが、効率的に楽しく旅行できました。旅行会社と添乗員さんたちに感謝!です

  2017北海道     稚内 宗谷本線 利尻 礼文


★ 山シリーズ

 東 京 里 山 2017−18編  こちら
 北穂奥穂パノラマ新道  北穂奥穂
 中央アルプス千畳敷−空木岳−仙涯嶺−越百山  空木岳
 南アルプス早戸尾根  早戸尾根



活東庵雑記帳   (活東はカエルの意)      (2018.10.23)


最近話題の話題から

不正入試問題 医学部などで女性や浪人生に対して合格率を恣意的に低く抑えていた問題が話題になっている。
 私立である以上、合格させる人を恣意的に選んでよいとは思う。金持ちだけ、逆にスラムの子だけ、特定の性別だけ(現に男子校女子校がある)、特定の民族だけ、というのは十分にありだ。
 だた、その場合、それを明記しなければいけない。明記していない場合は、はっきり言って受験料詐欺になる。知らずに受けてしまうと損する。費やした交通費や、受験に費やした時間も補償すべき。
 その大学が女性をいらないならそれでいいし、最初からそう受験要綱に書けばよい。男子校にするとか、女性は何人までしか取らないと明記する。浪人生に関しても同様。きちんと明記してそれでも受けたい人が受ければよい。それをやらずに受験料とるのは詐欺罪、差別云々以前に、まず詐欺事件だと思う。

五輪とサマータイム 五輪がらみでサマータイムにしては、という話がもちあがった。いちおう採用されない方向のようだが、まったくオリンピック何様、という感じだ。必要経費もふくらんでいるし、これ民間なら倒産だろ。生活に迷惑かけてまでやるほどのことか、正直失敗すればいいのにと思う。日本が多額の費用に耐えられず返上したり、開催したもののその後多額の負債返済で国力落ちたり大変な事態になれば、IOCも考えるでしょ。五輪続けたいなら、陸上と水泳のみのシンプルに戻し、世界選手権と同等レベルの大会に落とすしかないと思う。
 ところで東京五輪は、電通が仕切っているという。長年の慣行から、メディア・イベント・興行関連が莫大な利権がらみの問題多いシステムになってしまっている。下のパワハラ問題にも似て、誰もメスを入れず慣行として従う状態が続いているのでは、コスト削減のネックの一因ではと感じる。

スポーツ界のパワハラ問題 レスリングに始まってアメフト相撲ボクシング体操その他いろいろあったが、そういう人がまかり通るのは結局、周りに彼(彼女)を支える人たちがいるから、というのがある。意を決して告発する人が出てきたが、大多数は不正が行われていると知っていても、見ないふりをしてやり過ごしたり、場合によっては加担したりしている(そして後から実は嫌だったと言う)。
 告発する声のほうが優勢になってくると、絶対的権力で君臨しているように見えた人があっけなく無力になり去ってゆくのだが、そうなると、あの絶対的に見えた権力とは一体何だったのだろうといつも思う。
 こういうときに思い出すのは、チャウシェスク失脚のときの映像だ。彼を称えるために集められた大群衆に向かって、大統領がバルコニーに立ち手を振りはじめる。ところが称える声は、次第に怨嗟の声に変わった。いったん形勢が逆転すると、オセロがぱたぱたと入れ替わるように大統領を糾弾する怒号のほうが大きくなり、ついに退陣シュプレヒコール一色になった。青ざめたチャウシェスクがいやいやするように手で声を振り払おうとするが、もうどうにもならない、止めらない状態が印象的だった。この後、そのままの勢いで大統領一家は幽閉され銃殺刑に処せられるのだが。
 この勢い、彼を追い落とす力が実はあるのなら、なぜ彼や彼の息子(ニクだったか?)が権力を振っているときに止めなかったのか、とよく思うが、普段はみな止めようとしない。臨界点に達したと、ある割合以上が感じ始めたとき、一気に形勢が変わるようだ。どの国でも機関でも、権力とそれに従う人々との関係はそういうものらしい。

テレビ報道について 最近、テレビで訃報報道を目にするたびに考える。基本的にテレビで報道される訃報は、テレビによく出ていた人が多い。高名な学者や企業人の場合もあるが、テレビに出ていた俳優やタレントが圧倒的。中にはさほど有名でなくても、時間をとって報道している。一般社会にはもっと重要な人が大勢いるが、そういう人たちは報道されない。内輪話に電波を使っているようで、今のテレビは、重要性と報道量にまったく相関関係がないと感じる。

 同様のことは、北朝鮮がらみの報道にも感じる。よく北朝鮮のテレビ報道の映像が流れるが、長時間流す必要あるのか、原稿読みで十分ではと感じることも多い。軍事パレードの際も延々パレードの映像が流されていたが、北朝鮮も脅威だろうが中国やロシア、アメリカも軍事パレードを行っている。場合によってはそちらのほうが、はるかに脅威のはずだが、ほとんど報道されない。

モリカケ問題、官公庁の障害者雇用水増し モリカケ問題、官公庁の障害者雇用者数の水増し報告、どれもはぐらかした回答をして、なんとなく押し通す状態が続いている。民間が割合守って雇用しないと罰則あるはずだが、官公庁は言い訳すれば通る。言い抜けして通してもいいんだ、それなら民間も、無理して守る必要ないし罰せられてはいけないはず。口きき、友人優遇も同様。
 今、まともにルールを守っていると損した感が強い社会になりつつあると感じる。口先のうまい、サイコパス系の人が得をする社会になりつつある。

 民泊に関連する問題も同様。自身は遠くにいてマンションを民泊化している人は、ゴミ出しその他起こってくる問題の面倒を、近所の人に押し付けている。つまり利益だけ取って、面倒見は社会に押し付けるフリーライダーなわけで、そこに不満と不公平感を感じ取る人が多い。

携帯通信料 日本の携帯通信料が世界に比べ高額だという問題。緊急用のスマホを用意するため、いろいろ調べた。その結果、大手キャリアの2年縛りは合理性があるなという感想を持った。
 スマホは陳腐化が早い。大体2年でOSの更新が止まる(Androidの場合。アップルはもう少し長いが、その代わり端末代が高い)。OSの更新は、Googleか、キャリアか、端末製造企業のどこかが行う。お財布ケータイその他改変部分が大きいので、WindowsのようにMSが一括して行うのと同じ方式はとれないらしい(Googleもそのへんを問題視して、自ら端末を売り始めているが)。格安スマホは、キャリア販売でないから格安スマホを作った会社が更新することになるが、販売後まったく更新しないところもある。格安だから、まあ当然だろう、要は使い捨て。
 単にネットで調べものと電話メール程度に使うだけなら、古いOSのまま使い続けても問題ないだろうが、銀行やクレジットカードを利用する場合は、セキュリティ上問題がある。LINEもなりすましにあう可能性がある。だから、大手の端末無料で2年縛り、という方式は理にかなっている。2年で陳腐化し、セキュリティ上問題になるからだ。本当に高いのかな、あちこち携帯が繋がる通信網構築しているのは大手キャリアなんだし、ここを叩くことで繋がらないところが増えたら、かえって困るのでは。格安は格安、繋がりにくかったり従量制でライトユーザーには安いがヘビーユーザーには不利なシステムで、何も問題ないと思う。

明治150年 明治150年にあたり、祝賀イベントを行う側と、いや明治維新の負の側面も見るべき、という側と両方ある。
 負の側面もあると思うが、そこだけ強調するのもなあ、と感じる。基本的には、明治維新で自ら旧体制に引導渡すことによって混乱せず(もちろんいろいろあったが、対外的に)、欧米の介入を避け独立し続けられた、という基本線は変わらないと私は思う。企業での改革をみても、改革するとき、全員がハッピーになるやり方は現実的に不可能。必ず割を食う人は出てくる。リストラもあるし反対派は居づらく(居られなく)なる。(だから中国人のように、どちが勝つ側かをよく見極めた上で味方につく、という処世術もある。負けるとわかっていても道義的にこちらについて滅びるのを名誉とする日本式もある)
 それをふまえた上での負の側面ならよいが、明治維新そのものを否定する方向に向かうのはどうかと感じる。(たぶん、このへんの感覚が、リベラルが反発を買う一因ではないかと感じる)


友人たちの右傾化

 先日知人に会った際、ごく普通の友人たちのMLグループで、みないつのまにか右傾化していて驚いた、という話を聞いた。大学のサークルから続くグループで、もともと政治的な人たちでもないという。それがある話題をきっかけにML上で議論になり、みな安部政権寄りの方向で、産経あたりで言っていることをそのまま受け売りで書いてきて「あなたは止まっている」と言われ、あれこれリベラル的な意見に対する反論サイトのURLを送られたりで、嫌になり「この話題はもうしません」と一抜けたしたという。
 なんだか雰囲気が読めず怖かった、と言っていた。トランプ支持の人たちや”Q”にも似た現象のように感じ、世界的潮流として、それこそチャウシェスクのときではないが、オセロがぱたぱた変わるように、思想の潮流の潮目が変わってきているのかもしれない。
 おそらくこれは、強制ではない。一部メディア戦略による洗脳もあるかもだが、そればかりでもなく、自ら選んでいる。変わるとき、てこうなんだ、という感じだ。彼らに、騙されている、戦争や独裁の真の姿を知らないからだ、と言っても聞く耳もたないだろう。それは逆も、「そのURLを見なかった」という知人の側も同じなのだが。

 ちょっとこの問題は、もう少し考えてからまた書くことにする。





過去ログ  日付順:  過去ログ 2007年9月以降のみ 最新のものは一番下にあります
        項目別:  雑感 時事・戦争関連/中国・韓国/歴史・農業/読書感想/
              よもやま話etcに分類