目    次
  i-モード
旅  行  記
  モンゴル   写真  (1995)
  チベット   写真  (1996)
  ラダック    写真  (1997)
  東北インド(1997)
  ミャンマー (2000)
  1980年代の中国
  1980年代の台湾
  1980年代の韓国
  北京  (1999)  胡同  (1999)
  台湾  (2000)
  韓国  (2002)
  シッキム 写真  (2005)
  ハワイ  (2006)
  タイ  (2008)
  クルーズ  (2009)
  台湾  (2009,2010)
  東地中海  (2014)
  ヨセミテ/グランドキャニオン
  イエローストーン(2015)
  ボストン/ハイアニス  (2016) It's new
  ドイツ  (2016)
   徒歩旅行
  東海道  (1997-2001)
  四国へんろ  (2002-04)
  富士山登山  (2005,12)
  奥の細道  (2003-13)
    国 内
  木藤古 / 恐山小川原湖
  岩手・端神(1995) / 端神(2000)
  山形上ノ山 / 福島昭和村
  山武の陸田 / 高知椿山
  椎葉村(2001) / 銀鏡神楽(2007)
  木地屋の里  (2007)
  家船の島  (2011)
  平取/ジャッカドフニ
  神田の稲荷神社
  国分寺崖線
  世田谷の小河川
    
  八丈島 / 小笠原
  篠島・日間賀島 / 瀬戸内
  長島 / 五島列島
  奄美大島 / 加計呂麻島
  沖永良部島 / 与論島
  沖縄 / 大東島
  渡名喜島 / 久高島
    銭 湯 め ぐ り
  東京  (荏の花温泉/梅の湯/月島/豊川浴泉/辰巳天然温泉)
  高千穂湯(奄美大島)
  北京の銭湯
  韓国のモギョクタン
  慶州銭湯マップ  ほか
農    業
    雑 穀 栽 培
東京編(鳥対策)(2011-13)
  茨城編(栽培方法)(1998-2008)
  群馬編  (1996)
   栃木編  (1997)
  粟栽培カレンダー
  黍栽培カレンダー
  稗栽培カレンダー
  月次作業一覧表
  作業日誌(1996-2010)
  雑穀写真
    野   菜 その他
  野菜(茨城)
  里芋
  綿
    衣服の自給
  織り
    就農者  訪問
  独立学園 / 栃木
  長野棚田
  八ヶ岳中央農業実践大学校
  赤目塾 / 丹波の山猿塾
  宮崎綾町 / 大分
  五島列島
  与論果樹栽培
  就農をやめる  ほか
山  関  係
  林業
  東京の里山(写真)
  八ヶ岳縦走
  南アルプス
  北アルプス It's new
  中央アルプス
戦 争 関 連
   戦  跡
  東北インド/インパール/コヒマ
  ミャンマー
  小笠原
  真珠湾  ほか
   聞 き 書 き
  戦争体験
  台湾人の戦争体験
  戦時中の記録
  戦時中の日記(作成中)
  戦前/戦時中の時事評論
    (作成中)
雑   記   帳
    ボランティア日記
  マザーテレサの施設にて
        (1987-1988)
  震災ボランティア日記 (1995)
    インタビュー記録
  日本語学校経営苦労話
  識字教室の話
  朝鮮学校・中華学校訪問
  障害児教育に関わる
  ある老ジャーナリスト  ほか
    雑  記(活東庵ログ)
  時事
  中国/韓国関連
  地方・歴史・農業
  映画/読書感想
  パソコン関連
  その他
     創    作
  堀作りを手伝った河童たち
  菅井新聞店すい星発表  未完
  カルカッタの少年すい星発表
  端神2000すい星発表  ほか
音  楽  館
  中国・北京放送/平壤放送
  (1970年代ラジオより)
  韓国(KBS)
  韓国オリニシガン(KBS)
  ミャンマーのアイドル
  台湾 (江玲)
リ ン ク 
      リ ン ク 集
現在、IE8、IE9、Firefox10にて表示確認済み

 Mail us: kuton*csc.jp
  (*→@に変更)


読物館

since: 2001/09/20
最終更新日:2017/5/13

写真館 音楽館

What's New


★ 旅行記

 ドイツ旅行 2016/4


★ 山シリーズ

 北アルプス     2016年夏
    合戦尾根−常念岳−蝶ヶ岳−大滝山−徳本峠−新島々
    立山−薬師沢−雲ノ平−高天原−黒部五郎岳肩−神岡新道−飛越新道
    笠ヶ岳−西穂−ジャンダルム−奥穂−吊尾根−上高地

 一般道
    秩父  伊豆ヶ岳 秩父高原
    奥多摩  旧青梅街道(三頭山から小菅-サカリ山-大寺山)




活東庵雑記帳   (活東はカエルの意)      (2017.5.13)


久々の更新

 あっというまに半年たってしまいました。次々事件が起きては過ぎ去ってゆくので、書こうと思っていた話題も陳腐化してゆきます。もう少し更新頻度をあげたほうがいいかと思う一方、まあ書かずとも特に問題なかったようだと感じる話題も多い。


飲み屋のドタキャン問題

 若干古い話題になるが、忘年会シーズンに、予約を入れたグループがキャンセルの連絡なく当日来店しないケースが増えており、飲み屋が困っている、と新聞に出ていた。ただこれは、ネット検索方式のせいではないか、と感じる一件を体験した。
 あるグループで毎年利用している、よくある平凡な名の店がある。店と懇意の人が予約をとってくれることが多いが、今年は電話番号を知らない幹事役がネットで調べて予約を入れた。しかし当日店に行くと、予約が入っていない。あれ、おかしいな、でもまだ空いており入れたので、先に来た人たちで飲み始める。幹事役が来て尋ねると確かに予約を入れたという。どの店に予約入れたの、とその番号にかけてみると、同じ店名で全然別の場所にあるお店だった。移動するにも遠すぎ、予約店側も了承してくれたので、予約なしのいつもの店でそのまま忘年会を始めた。
 予約した幹事が、地名と店名で検索して出た画面の電話番号を見て予約したはずなのにおかしい、と言うので、同様に検索してみた。検索結果上位のレストランガイド的なサイトに飛ぶと、確かに目的の地名Aにある目的の店も出ているが、別の場所Bにある同名店も画面に出ている。しかもその店の写真のほうが大きく電話番号もフォントが大きい。宣伝も兼ねてこうした表示で出しているのだろうか?いずれにせよ、これでは間違えるよねー、と感じた。
 そして昨今増えているというドタキャンケースの原因の一部はこれではないか、と思った。特に目的の店がない場合は、検索結果のページに大きく掲載されている店に、ついつい連絡しても問題ないだろう。しかし、元々目的の店があって調べているのに、地名店名ドンピシャの店ではなく、店名同じ地名の異なる店がフューチャーされて表示されるのでは、困る。住所をしっかり確認すべきだ、と言われそうだが、間違いを誘発させるのはよくない。予約した筈が、客側は当日予約が入っていないことになるし、店側にとってはドタキャンになる。
 ネット検索も純粋な結果表示だけならいいが、いろいろ操作されたり付加価値、思惑があると怪しいな、と思う。


よもやま話

親族ネットワーク
 あくまで印象だが、社会的に成功している人は親族関係が密なことが多いと感じる。職場・学校・活動に関わってきた様々なグループ・一部の親族その他、今まで関わった人たちを見ても、自営・芸術学術関係・会社勤めと分野はさまざまだが、その分野で名を成したり上位にきている人やその配偶者・子供は、よく親族の話をする。従兄弟・甥姪とも交流がさかん、叔父叔母とも懇意、さらに結婚相手の兄弟姉妹の配偶者とも仲がよかったりする。おそらく何かあったらお互い助言したり場合によっては物理的に助け合ったりするくらいの仲なのだろうと推測される。
  たとえば親族の一部で兄弟仲が良かったグループがあり、代替わりして従兄弟の代になっても従兄弟会として頻繁に会っており、さらにその下のはとこの代も巻き込み、海外に住む人がいれば旅行の際泊めてもらうくらいのつきあいはあるようだ。よく二世三世政治家の閨閥関係や祖父が誰某叔父が誰某でと言われるが、それも親族のつきあいが今もあり重要な証拠だろう。

 一方、親族とはあまりつきあいがない、家族がいても頼れない、と言う人も結構多い。親の代までは親戚づきあいが盛んだったが、自分の代はほとんどなくなった、従兄弟とも疎遠、叔父叔母もねえ・・・、兄弟姉妹の子供(甥姪)とも小さい頃は会っていたけど今は殆どつきあいないね、という感じだ。都会で普通の生活をしている人の大半は、これではないかと思う。田舎のある人は、田舎に帰ればつきあいが復活する土壌にあるが、そのまま都会に住み続ければ彼らの子供の代になると、田舎との縁は完全に切れるだろう。
 それどころか親子でも頼れない、縁が切れているに等しい人すらいる。そういう人は本人もぎりぎりの生活で、親も頼れる経済状況にないことが多い。

 親族ネットワークが豊富な人は元々有利なので、自然と余裕ある生活に導かれてゆくのか、社会的に成功した結果親族ネットワークが伴ってくるのか、どちらなのだろう、と考える。ただ確実に言えるのは、とにかく会う、物理的にときどき集まる、ということが、親族ネットワークの構築には重要なのだろう、ということだ。盆や正月(クリスマスでもよい)に集まる、というのは、ホストファミリーにとっては負担なので(長男の嫁問題)、それ故批判されることも多いが、形式だけの集まりだから不要だよと言いつつ、いざ無くすと影響も大きかったのではないかと考える。


時間をかければできるのに
 森林ボラで感じるのは、山関係は基本的に男社会だということだ。そもそも男性が大半で女性は少ない、ゼロだったり一人だったりするところも多い。
 飲み会や親睦会のときは女性が食事を作る係で当然、という雰囲気になることが多く、それはそれでむかつくが、作業時よく感じるのは、やはり若干下に見られる、半人前と扱われる点だ。体力がある女性でも瞬発力は劣るので、重いものを一気に持ち上げるのは厳しかったりする。男性は爺さんでも瞬発力はある(持続性やバランス感覚は衰えているが。だから微妙に重いエンジン型草刈機を長時間使えずすぐにへたったりする、若めの女なら平気で長時間作業できるのに)。
 あるいは、こちらは平気で重めの丸太を担いで運んでいると、すぐに「自分のが力持ちだから自分がやりましょう」と仕事をとられてしまったりする。普通に運べるのに、親切心だかなんなんだか、そういうの、やめてくれる?と思う。

 こういうときに思い出すのは、新聞のインタビューで、障害のある人が「時間をかければできるのに」(やらせてもらえない)と嘆いていた話だ。重い材も、てこの原理を利用すれば持ち上がる。いきなり素手で持ち上げるよりは一手間かかるが、できる。
 効率を考えると、トロトロやられると邪魔だというのもあるのだろう。今の材の長さ径その他は、機械のない時代に成人男性が運べる重さが規準になったのだろう。寺社建築など特殊なものでない限り、一般の家の材は人力で扱い可能な範囲だったはずなので。だからもし、人類全員が女性並みの力しかなかった場合は、その力で運べる重さの材が一般的な材になっただろう、と考える。
 そして、自分の森だったら非効率的だのと気にすることなく、時間をかけて自力でやれるだろうな、と夢想する。


なかなか楽に死ねない
 最近知人らと話していると、年をとってきたせいか、老後や死に方の話になることも多い。先日はお墓の話になり、「このメンバーでお墓の話で盛り上がるなんて」と皆で笑った。
 20代の頃、遍路で行き倒れで死にたいなと言うと、「いやーそんなに簡単に死なせてもらえないよ。救急車とか呼ばれちゃって病院運ばれて延命措置とられちゃうよ」と言われたことがある。

 明治時代や戦後しばらくまでは平均寿命も短く、子規や漱石といった人たちも3,40代で亡くなっていた。
 平均寿命が5、60歳の時代の死因は、何が主だったのだろう。結核もあるだろうが、明治昭和の話で江戸時代に蔓延していたとも思えない。はやり病や風邪をこじらせて(肺炎だろう)、心臓発作や脳溢血(一種ぽっくりだったろう)といったところか。明治時代、寝たきり老人や痴呆(認知症)の話は、ゼロではなかったろうがほとんど聞かない。おそらく栄養状態がよくなかったので、そういう状態だと単純に生物学的に長生きできなかったと思われる。今は助かるが後遺症が残ったり薬を飲み続ける必要がある。
 また、特に延命措置をしない場合でも、足腰が弱ったり動けなくなってから生きている期間が長くなった。犬猫にも認知症が増えているという。思えば、最初に飼った犬は、外で飼っていたのだが、ある朝犬小屋の中で死んでいた。当時犬の寿命は8歳くらいで、ちょうど8歳だったので寿命だとみな思った。家族の話では、思えば数日前から散歩中もあまり元気がなかったそうだ。何か病気だったのかもしれないが、特に苦しむ様子もなく自然に死んでいった。3代目の犬は室内で飼っていたこともあり、16歳まで生きた。現在の犬の平均寿命とほぼ同じだ。最後は足がたたなくなり、一週間ほど眠ったように寝たきりだった。人間と同じだ。
 たとえば難病のALSなどに高齢になってから罹る話をたびたび耳にするが、ALSに限らず、高齢になってから出る不治の病や難病は、人生50年時代には発症せずに済んでいた話だと思う。

 昔はあっさり死んでいったのに、今はなかなか楽に死ねないね、と知人らと話す。病の克服だけでなく、栄養状態がよいこともその一因かもしれない。ある程度の歳になったら粗食にすれば、楽に死ねるようになるのだろうか。


ある同窓会

 あるカテゴリに属する中国人に、現在の中国政府を平気で批判する老人がいた。ある記者が話を聞いている際、現政権に都合の悪い事件に話が及びだした。突然自称”弟”というお目付け役の携帯が鳴り、”弟”は老人の話を打ち切ろうとした。しかし老人は平気で語り続ける。”弟”は「だめだだめだ、取材は中止だ!」とわめく。記者のほうが焦って「大丈夫ですか」と言うが老人は「大丈夫だ」と済まして語り続ける。結局他の人もかけつけ取材は打ち切りになったのだが、老人は「また来なさい」と平然と記者に言った。心配した記者が、老人の身を案じて別の中国人に相談すると、「中国人は75歳以上の年寄りには乱暴なことをしないから大丈夫だろう」と言ったという。
 それにしてもこの老人はパンクだな(少々古い言葉だが)と印象に残った。
 同じカテゴリに属する、若い中国人と話していたときのこと。その老人のことを知らないはずはないので、その話をすると「誰ですかそれ」と言った。あれ、おかしいな、と思い再び言及すると、一呼吸おいて、「そういえばそういう人がいましたね」と言った。このとき、彼女とはこの話をすべきではないのだ、と悟った。中国人と話すのは、いろいろ配慮しなければいけないから大変だ。

 ただ、今は中国でも75歳以上も捕まえるようになったという。完全に変質した。


李氏朝鮮に軍隊はなかった

 在日朝鮮韓国系の人の家に行くと、玄関に漢文の屏風が飾られていることがときどきある。あるいは、朝鮮の文化は「小中華」だと誇りをもっている、と言う人もいる。私は、小中華、て自慢することなのだろうか、自国独自の文化のほうがよいと思うけど、と内心考える。
 李氏朝鮮には軍隊がなかった。近衛程度はあったが、正規軍はなかった。中国(清王朝)に軍隊を持つことを禁じられていたためなのだが、このことを知らない人が案外多い。しかし普通に考えて、朝鮮併合の際なぜ簡単に日本が入れたのか、ドンパチしなかったのか、不思議に思わないのだろうか?逆にその疑問を持たない人のほうが、不思議な気がする。
 それはさておき、軍隊を持てなかったことを、国王自身が悲憤慷慨していた。そうした史料もある。つまり自ら納得しての非武装ではなかった。
 実はこれは沖縄も同様で、中国と薩摩から軍隊を禁じられていた。だから空手が発達したとの説がある。別に平和を愛するから自ら放棄していたわけではない。

 この状況は、今の日本に似ていないだろうか。

 さて、朝鮮の人たちの中にも、軍隊がなかったが故の悲哀を感じるタイプの人もいた。このため日本や満洲の教育機関に参加して軍事技術を身につけようと考えた。朝鮮の人たちが軍人的資質のない民族かというと、そういうわけでもないことは、満洲国の士官学校で、朝鮮系の人たちが主席をとるケースが多かったことからもわかる。中央訓練処時代の5期宋錫夏、9期白善Y、軍官学校時代の1期朴林恒、2期朴正熙、4期張銀山、5期姜文奉が首席をとった面々。このため、元々は満系として扱われ本科も満洲だったのが、日本人と同じ扱いになり本科は日本の陸士に進むようになった。終戦後、彼らが韓国軍の母体となった面もあり、韓国の首相になった人もいる。

 別にこの話はアベ政権の改憲云々にあわせて書いているのでない。3年前から李氏朝鮮に軍隊がなかった話を書こう書こう、と思っていた。軍隊がらみだとその他も波及してあれこれ書かねばならないため、おおごとになり面倒で、先延ばししていたら今になってしまった。これ以上遅くなると、さらに改憲加速状況の中書くことになりかねないので、とりあえず今書いておく。
 なお、最近の森友問題のやりとりや、読売新聞を見てください発言、五輪とからめての安全のための共謀罪や改憲など、どうかと思う。自分たちも野次を飛ばしているのに、野次られると「静かにしてください」と怒るのも変だし見ていて腹立たしい。九条は疑問があるが今の政権でいじられたくない。ただ、今の世の中、次の政権はもっとやばいのが出てきそうな悪寒もある。

 ちなみに私は、ホリエモンの言うとおり、教育はすべて一種の洗脳だと思っている。戦後の平和教育も戦前の軍国主義教育も、すべからく等しく一種の洗脳だと。これを言うと嫌がる人も多い。ただ、その教育にどれほどの力があるか。お国のため、と思い込み子供で志願兵になった人も、戦後価値観が変わると、それでも徹底抗戦だとなった人はまずいなかった。大人だけでなくその時代の教育を受けていた子供もあっさり価値観を変えた。これは文革中の中国でも現在の北朝鮮でも同様だったのでは(同様になるのでは)と考える。
 そのへんが、宗教の洗脳と若干異なる気がする。その価値観が生きている社会では有効だが、その価値観が崩れるとすぐに解ける。おそらく今の平和教育もそうだ。これは揶揄っているのではなくい。そういう脆いものだよ、別に平和が脆いのではなく、軍国主義教育も平和主義教育もどちらもそうだと言いたいだけだ。


二度あることは三度ある

 これも、昨今の北朝鮮の核実験で騒がれるよりも前、震災が起きた2年後あたりから書きたかったことなのだが、二度あることは三度あると感じている。つまり日本が再度核にさらされる事態になるだろう、と。やはり大きい話題なので面倒で先延ばししてきたが、とりあえず今書いておく。
 それは北朝鮮による核攻撃かサイバー攻撃による原発事故を装った悪意ある攻撃かはわからない。中国が自分の手は汚さず、北にやらせるというシナリオもありうる。さらには、米朝衝突のとばっちり、第二次朝鮮戦争勃発から始まる戦線拡大がらみかもしれない。
 でも全員が一気に滅びるということはない。とにかく、あったことは正確に記録しておくことだ。写真や動画、手記で。おそらく加害側や被害を知られたくない側から禁じられる事態になることが多いと思うが、それでも密かに記録し残しておく。そして世界が落ち着いたら、それを証拠に発信し続ける、ということだ。




過去ログ  日付順:  過去ログ 2007年9月以降のみ 最新のものは一番下にあります
        項目別:  雑感 時事・戦争関連/中国・韓国/歴史・農業/読書感想/
              よもやま話etcに分類